リバイバルドラッグ、総取扱品目数が200,000点を突破〜株式会社へ組織変更を行い、さらなる体制強化へ〜

6月14日(水)10時0分 @Press

調剤薬局の抱える医療用医薬品の過剰在庫(以下「デッドストック」)を会員薬局間で購入・売却することができるインターネットサービス「リバイバルドラッグ」[運営:株式会社リバイバルドラッグ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:蒲谷 亘)]は、2017年5月にリバイバルドラッグで取り扱った医療用医薬品の取扱品目が、200,000点を突破いたしました。

リバイバルドラッグ: https://www.revivaldrug.co.jp/


■リバイバルドラッグの取り組み
リバイバルドラッグは、インターネット上で医療用医薬品のデッドストックを購入・売却できるサービスとして、2006年7月に誕生したサービスで、2017年で11年目を迎えます。

調剤薬局は、地域における医療提供の場として、処方箋を有する患者の調剤の求めに応ずる義務(薬剤師法第21条)があるため、一般的に在庫を多く保有する必要があります。一方で、地域ごとに異なる薬剤へのニーズや消費期限があること、開封後の返品はできないといった実情があり、多くの医療用医薬品がデッドストックとなり廃棄されています。このため、調剤薬局単位では、経営圧迫の一大要因となり、また社会的には国民医療費の増大といった問題の一因にもなっております。

リバイバルドラッグは、こうした課題に対して、インターネット上でデッドストックの流通市場を創設し、あらかじめ定めたルールにより販売価格が自動的に決定される仕組みの下、調剤薬局で不要になった医療用医薬品を出品し、別の調剤薬局や他の医療機関が購入することができるようにいたしました。さらに医療用医薬品を取り扱うため、会員は医療機関に限定し、出品するすべての医薬品は当社を経由し検品を行うことで、適切な管理体制を構築してまいりました。

こうした取り組みを評価いただき、2017年4月には会員数が2,600店を突破し、月間掲載品目数も2016年11月に6,000品目を超えました。


■総取扱品目200,000点突破と適切な検品体制
2017年4月現在、リバイバルドラッグの医療用医薬品流通市場を通じた医療用医薬品における総取扱品目数が、200,000点を突破いたしました。

2016年12月に発覚したC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽薬問題を契機に、中古の医療用医薬品の流通については、再発防止のため、監督官庁を中心に規制の見直しが議論されておりますが、営業開始以来、200,000点を超える取り扱いにかかわらず、偽薬問題はもちろん、期限の切れた医療用医薬品の再流通も生じておりません。

リバイバルドラッグは、サービス開始当初より、管轄官庁や弁護士と協議を重ね、法律上および医療用医薬品を流通させる上で想定できる瑕疵を未然に防ぎ適正な管理ができるように、調剤薬局間の医療用医薬品の売買システムを構築してまいりました。

特に、(1)医療用医薬品の卸売販売業または薬局開設許可証を事前に確認し、当該免許を有する事業者のみ市場参加者たる会員資格を限っていること、(2)流通市場では、出品時にリバイバルドラッグにおいて、手作業と目視による1品1品厳正な検品にあたること、(3)その包装形態上、真贋が不明な医療用医薬品については、その取り扱いを行わないルールを設けていること、の3点をその特徴とするリバイバルドラッグの管理体制が適正であったことの証左であると考えております。


■株式会社化による体制強化
リバイバルドラッグの運営会社である有限会社わかばクラブは、2017年4月7日をもって、株式会社化し、「株式会社リバイバルドラッグ」へ組織変更および商号変更を行いました。

商号変更は、流通市場の名称である「リバイバルドラッグ」というブランドに社名を合わせることによる認知度のさらなる向上を目的としております。

また株式会社化の目的は、医療機関の経営サポートおよび国民医療費の抑制のための社会インフラとしてリバイバルドラッグを成長させていくため、組織強化に欠かせない投資資金の調達や、優秀な人財の採用のためのインセンティブ制度の設計等のためです。
医療用医薬品流通市場は上述のように、偽薬問題を契機に、規制の見直し、強化が想定されております。

リバイバルドラッグは、株式会社化を契機に、これまで構築した厳正な検品体制を、より一層見直し、強化をして、社会的要請に応える体制を目指してまいります。
2016年12月に発覚したC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽薬問題を契機に、調剤薬局の抱える医療用医薬品の過剰在庫の問題が提起されており、今後、規制の変化、強化が予想されております。

リバイバルドラッグは、サービス開始当初より、管轄官庁や弁護士と協議し、法律上問題のない形態で調剤薬局間の医療用医薬品の売買システムを構築してまいりました。そうしたシステム全体を継続的に強化・改善し、市場へ参加する医療機関の皆様の信頼にこたえる体制を一層強化してまいります。


■リバイバルドラッグ概要
名称 : リバイバルドラッグ
運営会社: 株式会社リバイバルドラッグ
(2017年4月7日有限会社わかばクラブより組織変更)
住所 : 神奈川県川崎市高津区坂戸1-6-19
代表 : 代表取締役 蒲谷 亘
設立 : 2003年5月
URL : https://www.revivaldrug.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

ドラッグをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ