株主優待の達人桐谷さんが株主総会に参戦! クロスプラス株主総会の模様をマンガで全公開! 質疑応答で経営陣に突きつけた株主提案とは?

6月14日(火)23時5分 ダイヤモンドオンライン

4月下旬、桐谷さんは愛知県にいた。株を保有するある会社の株主総会に出席するためだ。実は桐谷さん、この会社の株主総会に参加するのは昨年に続いて2回目。前回は株主優待は存続も無配転落となった悲しい株主総会となったが、今年は如何に…。


桐谷さんが株主総会でマイクを持って経営陣に

特別優待について提案! その結果は?






 クロスプラス(3320)の株主総会に、桐谷さんが2年連続で参戦。まずは総会当日、桐谷さんは受付へ。議決権行使書を渡して、総会出席票を受け取るのが、一般的な手順だ。ただ、もし議決権行使書が手元になくても大丈夫。受付で住所・氏名などを記入し、株主名簿への記載が確認されれば、総会に出席することができる。


 無事、受付を通過した桐谷さんは、ロビーに設置された、株主向けの無料の飲料コーナーへ。さっ、とコーヒーの紙パックを手に取る。さすが桐谷さん、オトクなものは絶対に見逃さない。一気に飲み干すと、総会の会場へと足早に向かった。


 10時ちょうど、山本社長の開会宣言で総会がスタート。監査報告に始まり、16年1月期の業績および事業報告へと続く。また、3カ年の中期経営計画が新たに始まったことや、その内容についても説明があった。


 そして「質疑応答」へ。これは、株主が社長など経営陣に対して、直接質問したり、意見をぶつけたりできる貴重な機会。内容は議案に対してだけでなく、経営、ひいては会社に関することなら大体何でもOKだ。


 赤字続きで苦境に立っていた昨年は「デザインが古くさい」「不採算店舗の閉店は?」など厳しい質問が目立ったが、黒字決算が確定した今年は、総会の雰囲気もどこか和やか。質問も「復配の見込みは?」「円高が業績に与える影響は?」という2点にとどまった。


 さて今年、桐谷さん訴えたかったことは1つ。「抽選で株主12名様を海外旅行にご招待」という株主優待についてだ。毎年、総会後に抽選会が行なわれ、当選者が決まるのだが、過去11回において、なぜか総会の出席者から当選者が出ていない。そのため総会終了後は、なんとなく、どよ〜んとした空気が感じられていた。


 そこで「12人のうち1人は、出席者が当選するようにしてほしい」と桐谷さん。会場からは同意の拍手が!


 桐谷さんの提案に対しては、曽我常務取締役が回答。何度も「気持ちは大変理解できるのですが…」としつつも、公平性の観点からということで提案は却下(ま、当然ですよね)。


 議決を終え総会終了後は抽選会へ。健闘むなしく(?)、桐谷さんに海外旅行は当たらず。残念!


 出口で、出席票と引き換えにお土産のストールを受け取って2年目の総会は終了。お疲れ様でした。

ダイヤモンドオンライン

「株主」のニュース

BIGLOBE
トップへ