【FRONTIER】インテル Core i7-8750H プロセッサー×GeForce GTX 1050Ti搭載 15.6型ゲーミングノートPC 新発売

6月14日(木)13時30分 ドリームニュース

■製品の概要
このたび発表する新製品は、第8世代 インテル プロセッサー(開発コード Coffee Lake)である「インテル Core i7-8750Hプロセッサー」と
NVIDIA Pascal アーキテクチャ採用のグラフィックカード「GeForce GTX 1050Ti」を搭載したゲーミングノートPC≪GNシリーズ≫です。
「インテル Core i7-8750Hプロセッサー」は、ノートPC向けCPUでは初となる【6コア】を搭載し、ゲームや負荷の高いアプリケーション作業において、圧巻のパフォーマンスを発揮します。また、Direct X12に対応する「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti」と組み合わせることで最新の3Dタイトルも思う存分楽しめます。「NVIDIA GeForce GTX 1050Ti」は、ゲームのフレームレートを下げてバッテリーを長持ちさせる「Battery Boost 」機能を搭載しています。 必要に応じて“ インテル UHD グラフィックス630 ” と“ GeForce GTX 1050Ti ” を自動で切り替えるため、用途に応じた最適な環境で利用できます。さらに新たなベアボーンを採用し、前シリーズからカラーを一新。落ち着いたメタリックグレーの筐体色と無駄な装飾のないシックなデザインが光るキーボードを際立たせます。ラインナップ3機種からお好みのモデルをベースに、カスタマイズをお楽しみください。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-direct.jp/)にて、2018年6月14日(木)より販売を開始しています。

▼インテル Core i7-8750Hプロセッサー×GeForce GTX 1050Ti搭載 GNシリーズはこちら
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1806140101

■製品の特長

<第8世代 インテル プロセッサー搭載>
第8世代 インテル プロセッサー(開発コード Coffee Lake)である「インテルCore i7-8750Hプロセッサー」を採用しました。第7世代のコア数4、スレッド数8から第8世代はコア数6、スレッド数12と複数のアプリケーションを同時に処理できるパフォーマンスがアップしました。また、CPU内蔵のグラフィック機能は、従来のインテル HD グラフィックス 630からインテル UHD グラフィックス 630に変更され、さらなる性能アップを実現しています。

<NVIDIA GeForce GTX1050Ti搭載>
NVIDIA Pascal アーキテクチャを採用した「GeForce GTX 1050Ti」は、Direct X12に対応し、ゲームのフレームレートを下げてバッテリーを長持ちさせる「Battery Boost」機能を搭載しています。 また、必要に応じて“ インテル HD グラフィックス630 ” と“ GeForce GTX 1050Ti ” を自動で切り替えます。

<臨場感ある音質を楽しめる「Sound Blaster Cinema 5」>
バーチャルサラウンドチャンネルを作り出すことによって、音の自然な深みと広がりを向上させて臨場感のある再生を実現した「SURROUND」や、自然なダイナミックレンジを最適化しゲームや映画のリアル感を追求した「CRYSTALIZER」など、お好みに合わせて音質を設定できます。
※オーディオ機能のための「Realtek Audio Console」と「Sound Blaster Cinema 5」のセットアップはインターネット環境が必須です。
インターネット接続後、アプリの一覧に「Realtek Audio Console」と「Sound Blaster Cinema 5」が表示されますので、それぞれアプリを選択してセットアップを行ってください。

ドリームニュース

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ