TDL「エレクトリカルパレード」リニューアル 15年7月から ラプンツェルが登場

6月14日(土)12時30分 J-CASTニュース

ピーターパンの海賊船もリニューアルされる

写真を拡大

   東京ディズニーランドでは2014年6月12日に、光で彩られた夜のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を15年7月からリニューアルすると発表した。



   リニューアルでは、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」のラプンツェルやフリン・ライダーを乗せたフロートが新たに登場する予定。このフロートは、映画の中で印象深いランタンが空を飛ぶシーンや、黄金に輝くラプンツェルの髪、花などがデザインされ、幻想的な光の世界を表現する。また、ピーターパンの海賊船など7台のフロートもリニューアルされ、全てLEDを採用して輝きが増し、パレードはこれまで以上に鮮やかに夜の園内を彩るイベントになるという。投資額を約20億円を予定している。


   TDLの「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は01年にスタート。その後、07年3月、11年7月にリニューアルを行っており15年のは3回目となる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

リニューアルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ