医療保険などの給付金受給者向けサービス拡大

6月14日(水)15時30分 Digital PR Platform

〜「オリックス生命の健康医療相談サービス」の対象者範囲など拡大〜

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都港区、社長:片岡 一則、以下「オリックス生命」)は、2017年7月1日より「オリックス生命の健康医療相談サービス」(以下「健康医療相談サービス」)において、医療保険・がん保険に加入され、かつ、給付金をお支払いした全てのお客さまにサービス対象を拡大しますのでお知らせします。

「健康医療相談サービス」は、ティーペック株式会社(本社:東京都台東区、社長:砂原 健市)が提供するサービスです。これまでは特定の「商品」にのみ付帯するサービスとして提供してきましたが、今後はこれまでサービス対象外であった医療保険・がん保険にご加入している約80万件のお客さまも、給付金支払完了後に新たにサービスが利用可能となります。
給付金受給後、引き続き傷病と向き合わなければならないお客さまもいらっしゃいます。オリックス生命は、給付金をお支払いするだけでなく、再発予防や、より健康に生きるためのサポートをすべきという想いから、本サービスの対象範囲を拡大します。

また、同日より「健康医療相談サービス」に「介護・認知症サポートサービス」を追加します。社会問題化している介護・認知症に対して、(1)ご家族が罹患したときのリスク、(2)将来ご自身が罹患するリスクへの不安に寄り添うことで、お客さまへよりいっそうの安心を提供していきたいと考えています。

オリックス生命は、今後もお客さまに寄り添い、一生涯のパートナーとして選ばれる会社を目指してまいります。



▼詳しくは、次のプレスリリースをご覧ください。
http://www.orixlife.co.jp/about/news/2017/20170614.html



本件に関するお問合わせ先
オリックス生命保険株式会社
プロフィットマネジメント本部 調査広報チーム
TEL:03-6685-7996

Digital PR Platform

サービスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ