ダービージョッキー福永祐一がレース後、父・洋一に伝えた言葉

6月14日(木)18時1分 PR TIMES

 6月13日(水)深夜、MBSテレビ『戦え!スポーツ内閣』が「競馬の祭典 日本ダービーSP」と題して放送された。JRA所属騎手の川田将雅と荻野極がゲスト出演。今年の日本ダービーをワグネリアンで制した福永祐一もスタジオ出演の予定だったが、妻・松尾翠アナウンサーの出産予定日と重なり急きょキャンセル。席には“産休中”と書かれた福永の等身大パネルが置かれた。
 番組では、福永の19度目の悲願達成となった日本ダービーへの思いを事前取材。「父の代から一番勝ちたかったレースが、日本ダービー」「父の思いを代わりに果たせるのは自分しかいない」と、天才騎手と言われた父・洋一さんも果たせなかった“福永家の夢”を語っていた。
 収録中、福永はテレビ電話で出演。電話が繋がった瞬間、スタジオにいる武井壮小杉竜一に「それどころじゃないんですよ!いま生まれた
[画像1: https://prtimes.jp/i/31348/46/resize/d31348-46-110912-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/31348/46/resize/d31348-46-918014-0.jpg ]



んですよ!」と第2子となる娘の出産を報告。「こんなときにオッサンと喋ってる場合じゃない!」という福永だったが、小杉に「まずはパドックでの気持ちを教えてください」とレースの解説を強要され、「もう覚えてへん!」と一喝。「何度も言いますが、それどころじゃない」としながらも、福永は「父には“勝ったで”と伝えました。すると、ニコニコしてました」と、洋一さんの様子も報告していた。

PR TIMES

「福永祐一」をもっと詳しく

「福永祐一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ