pandasとPlotlyで実現する高度なデータ解析と可視化 - 新刊『pandas&Plotly 2D/3Dデータビジュアライゼーション実装ハンドブック』(2024年6月22日発売予定)

2024年6月14日(金)10時46分 PR TIMES

株式会社秀和システム(東京都・代表取締役会長兼社長 上田智一)は、2024年6月22日、新刊『pandas&Plotly 2D/3Dデータビジュアライゼーション実装ハンドブック』を発刊します。
[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/49716/206/49716-206-93df8daae2b6806439b16ca882a652b6-1920x1005.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
『pandas&Plotly 2D/3Dデータビジュアライゼーション実装ハンドブック』は、Pythonユーザー向けにpandasとPlotlyを活用したデータ操作およびデータ可視化の手法を詳述した実践的なプログラミング解説書です。
本書は、特に機械学習エンジニアやデータサイエンティストが日々の業務で直面するデータ解析の課題を効率的に解決するための知識と技術を提供します。
●本書の魅力と特徴
1.pandasの有用な機能を網羅
pandasは、多機能で強力な表形式データ操作ライブラリですが、その豊富な機能を完全に把握するのは難しいと感じるユーザーも多いため、本書では、特に実務で頻繁に使用される機能を厳選し、わかりやすく解説しています。
また、各機能の処理速度やメモリ消費の比較も行い、最適な使用方法を提案します。これにより、効率的なデータ処理が可能となります。

2.Plotlyを使ったインタラクティブなデータ可視化
Plotlyは、動的なグラフを作成できる強力なライブラリです。静的なグラフに比べて、データ探索の過程で非常に有効です。本書では、Plotlyの基本から応用まで、ステップバイステップで詳しく解説します。
インタラクティブなグラフを活用することで、読者の探索的データ解析(EDA)の負荷を大幅に軽減し、データの洞察を深めることができます。


●学習メリット

1.実務に直結するスキルを習得できる
本書を通じて、pandasとPlotlyの実践的な使い方を学ぶことで、日常のデータ分析業務の効率が飛躍的に向上します。特に、複雑なデータ操作や高度なグラフ作成のスキルは、即戦力として役立ちます。

2.試行錯誤を減らすデータ可視化技術
静的なグラフでは難しかったデータの動的な探索が可能になり、データの特性や傾向をより直感的に理解できます。これは、機械学習やデータサイエンスのプロジェクトにおいて非常に重要なステップです。

3.機械学習プロジェクトの補助
機械学習の知識がなくても、データ操作と可視化のスキルを身につけることで、機械学習プロジェクトの準備段階でのデータ準備や解析に役立ちます。

●対象読者
Pythonの基礎を習得済みの方
Pythonの基本文法やクラス、関数については触れていないため、すでにPythonの基礎知識を持っている読者に最適です。
機械学習の知識がなくても、表形式データの操作とデータ可視化に関心がある方なら問題なく理解できます。

●本書の目標
本書は、データ分析における作業負荷を軽減し、効率的かつ効果的なデータ解析を支援することを目的としています。『pandas&Plotly 2D/3Dデータビジュアライゼーション実装ハンドブック』を手にとることで、データ分析スキルは一段と向上し、より深い洞察を得ることができるでしょう。

■書籍概要
書名 pandas&Plotly 2D/3Dデータビジュアライゼーション実装ハンドブック
著者 大川洋平
定価 3630円(税込)
発売日 2024年6月22日(予定)
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/479806890X
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17390034/

PR TIMES

「解析」をもっと詳しく

「解析」のニュース

「解析」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ