一億総活躍社会の実現に向けて 独立起業家プラットフォーム「ゆめかなう」が「医療・ロボット・AI・サイエンス」をテーマに独立起業家と企業との勉強会・交流会 実施レポート

6月15日(金)10時0分 @Press

ゆめかなう株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:都築 由紀子)は、6月11日(月)、Startup Hub Tokyo(東京都千代田区丸の内、TOKYO創業ステーション1F)にて、「医療・ロボット・AI・サイエンス」をテーマに独立起業家と企業との人材交流会・勉強会を開催いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158725/LL_img_158725_1.jpg
勉強会の様子

【当会のテーマ】
医療・ヘルスケア領域で活躍しているロボット、この領域に新たな技術を持ち込む際のハードル、今後、ロボットが活躍できると考えられる場について、独立起業家、企業の方々とを交えて、現在の取り組みや課題などについて語り合う。


【当日の実施概要】
当日は、大企業からベンチャーまで数十名の方々が参加し、医療現場の課題とAIとロボットの活用度や今後の最先端技術の生かし方、そして業務への装着・浸透方法や新規事業への活用についてといったリアルな議論が数々飛び交いました。

ゲストとして、最先端のAIやロボット技術を商品化・実用化する技術コンサルティングを提供している株式会社メディカルラボパートナーズ 清水氏(代表取締役)にご登壇いただき、上記のリアルな現場課題をお話いただき、参加者からは「とかく閉鎖されがちな医療現場の課題がよく理解できた」「ロボットにも多様な種類があるということが分かった」「技術をどのように生かせばいいかの可能性が広がった」「ヒントを得ることができた」「もっと詳細な情報を引き続き交換したい」といった声などをいただきました。


【独立起業家プラットフォーム「ゆめかなう」の取り組み方針】
独立起業家プラットフォーム「ゆめかなう」では、独立起業家の技能、経験、人脈といった価値が多様な企業課題への解決に役立つことを促進するために、リアルなイベントやウェブメディアを活用し、交流の場を広げています。
独立起業家の活躍の場、実践の場を広げつつも、社会課題の解決ための「価値流通のハブ」として機能し、働きたいという希望のある復職ママ、シニア、中高年、個人、企業規模の垣根なく、ご参加でき、出会い学び合える共創の場創りを、ご提供しています。


▼当会に続いて7月15日(日)に、『「デジタルマーケティング」×「新規サービス立上げ・起業」』をテーマに、会合が開催される予定です。詳しくはサイトをご覧ください。
https://kokoyuta-jp.com/technology/3104/


なお、具体的な活動内容やサービスの詳細は、下記の公式サイトをご覧ください。
▼独立起業経営者を応援するプラットフォーム「ゆめかなう」公式サイト
https://kokoyuta-jp.com/


【運営スタッフ代表について】プロデューサー 都築 由紀子
「こんなの欲しかった!」を実現するインターネットビジネスアーキテクト。東証一部のシステム開発企業でエンジニア・データサイエンティストを経て、株式会社リクルートに入社。各種メディア事業のインターネット移行期にWebメディアプロデューサーとして活躍。住宅「SUUMO」、旅行「じゃらんnet」、医療人材・中途人材あっせんなど多様な事業モデルと、合併吸収・買収出向などの組織変革の中での新規事業立ち上げも同時に経験。在職中に株式会社プラウディルを創業。現在も「企画×IT」のキャリアを軸に、様々な業界クライアントのネットビジネスを「産み」「育て」ている。


【ゆめかなう株式会社について】
会社名: ゆめかなう株式会社
※2018年1月1日に「株式会社プラウディル」より社名変更
設立 : 2011年11月
所在地: 〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル
代表者: 代表取締役社長 都築 由紀子
URL : http://yumekanau.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「独立」をもっと詳しく

「独立」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ