ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法 6月16日(土)宮城県美術館で開幕。日本初公開作品も展示!

6月15日(金)9時30分 @Press

2017年から東京、大阪、新潟と全国を巡回し、累計約70万人を動員した「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」は日本最終会場の宮城県美術館でいよいよ6月16日(土)から始まります。ミッキーマウスの誕生から約90年にわたるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの歴史を紐解く、原画やスケッチ、コンセプト・アートおよそ500点を展示。宮城県美術館では、ディズニー・アニメーションの最新技術を駆使した作品として、12月21日(金)全国公開の最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』のコンセプト・アートを日本初公開します。現代アニメーション映画の技術革新における、ディズニー・アニメーションのたゆまぬ探求とイマジネーションの軌跡をご覧ください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158556/LL_img_158556_1.jpg
シュガー・ラッシュ:オンライン

【開催概要】
名称 :ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法
会期 :2018年6月16日(土)〜9月30日(日)
開館時間:9:30〜17:00(発券及び入場は16:30まで)
※7月〜8月中の金曜日、土曜日、祝前日、
8月6日(月)〜8日(水)は19:00まで延長開館(発券及び入場は18:30まで)
休館日 :月曜日(ただし7月16日、8月6日、9月17日、24日は開館)
7月17日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)
会場 :宮城県美術館
〒980-0861 宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
主催 :宮城県美術館、ミヤギテレビ
協賛 :大日本印刷
協力 :日本航空、日本通運、JR東日本仙台支社
企画協力:日本科学未来館
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
企画制作:ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリー


☆展覧会の見どころ(1)≪蒸気船ウィリー≫
《蒸気船ウィリー》より1928年 (C)Disney Enterprises, Inc.
https://www.atpress.ne.jp/releases/158556/img_158556_2.jpg

ミッキーマウスの公式デビュー作は1928年に公開された『蒸気船ウィリー』です。じつはその少し前に、ミッキーマウスの真のデビュー作とも言うべき『プレーン・クレイジー』という作品が作られています。事情があり公開の順番は前後しましたが、この両作品の貴重な原画を、同時初公開します。とても90年近く前に描かれたとは思えない、鮮やかな鉛筆画のタッチをじっくりとご覧ください。

☆展覧会の見どころ(2)≪いのちを吹き込む魔法の秘密≫
《リトル・マーメイド》より1989年 (C)Disney Enterprises, Inc.
https://www.atpress.ne.jp/releases/158556/img_158556_3.jpg

ディズニー・アニメーションは想像力を駆使しながら、つねにその時代の最新技術をとりいれることで、いのちを吹き込む技=魔法を生み出してきました。一枚の絵がまるで生きているかのように活き活きと動き出す背後に、どんな魔法が隠されているのでしょうか。傑作の裏に隠された数々の魔法を解き明かし、その鮮やかな魔法を生み出すために費やされたリサーチや開発といった側面もフィーチャーしていきます。副題のとおり、まさに「いのちを吹き込む魔法」の秘密に迫る展示です。

☆展覧会の見どころ(3)≪シュガー・ラッシュ:オンライン日本初公開展示!≫
《シュガー・ラッシュ:オンライン》より2018年 (C)Disney Enterprises, Inc.
https://www.atpress.ne.jp/releases/158556/img_158556_4.jpg

ディズニー・アニメーションの最新技術を駆使した作品として、12月全国公開の最新作「シュガー・ラッシュ:オンライン」のコンセプト・アート等を日本初公開します。ディズニー・アニメーション・スタジオの想像力と技術の最新の到達地点となる作品が見られるのは日本で仙台会場だけとなります。


(C)Disney Enterprises, Inc.


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「宮城」をもっと詳しく

「宮城」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ