アルファロメオ新型ステルヴィオ クアドリフォリオ、美しき走り屋の全貌【試乗記】

6月15日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

アルファロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ ニュルブルクリンク北コースでSUV最速の7分51秒のラップタイムを記録した快足モデル

写真を拡大


アルファロメオ・ブランド再生の

カギを握る新型SUVシリーズ


 ステルヴィオは、アルファロメオ・ブランド再生のカギを握る新型SUVシリーズ。ベースはジュリア。つまり、FRレイアウトのジョルジョ・プラットホームを使用する。


 2016年秋のLAショーでワールドデビュー。17年春から本格的な生産が開始され、欧州をはじめアメリカや中国といった“SUVを発売する理由になった市場”から優先的にデリバリーされている。イタリアでは現在、ジュリアと人気を二分しているという。日本では今年半ばにデビュー予定だ。


 主要メカニズムはジュリアとほぼ同じ。要するに“全高が高いジュリアの4WD”。というわけで、ジュリアで最も注目を浴びたクアドリフォリオ・グレードも設定されている。


 ステルヴィオの発売から約1年、最高性能仕様のクアドリフォリオの国際試乗会がアラブ首長国連邦(UAE)で開催された。


 中東はSUVの重要市場だから、UAEでSUV試乗会は、珍しくない。とはいえ、クアドリフォリオは“ニュルブルクリンク北コースで最速タイムをマークしたSUV”だ。砂漠を走破したところで面白くないだろう、と思っていたら、UAEには素晴らしいワインディングロードがあった。UAE最高峰のジェベル・ジャイス山の頂上付近から見下ろす景色は、モデル名の由来となったスイス国境に近いイタリアのステルヴィオ峠そっくりだった





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「アルファロメオ」をもっと詳しく

「アルファロメオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ