黒柳徹子とタモリの会話に学ぶ 説明が格段に上手くなる裏ワザとは?

6月15日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

その場で聞かれた質問に対して、即興で上手に説明できると、それだけで「できる人!」と印象づけられます。逆に近所なのに、道順ひとつ、わかりやすく説明できない人もいます。この説明力の差は、頭の良さとかセンスの問題ではなく、ある1つの会話術を駆使していか、していないかの差なのです。今回は、そうした即興の会話術のノウハウをまとめた『1秒気のきいた一言が出るハリウッド流すごい会話術』の中から、他人にわかりやすく、説得力のある説明ができるようになるノウハウを紹介します。


タモリさんの家までの道順は

「直進して曲がる」の繰り返し?


 家の近所で道を聞かれた時、上手に説明できる人と、まるで今日引っ越してきた人かと思われるぐらい、説明が下手な人がいます。


 以前、『徹子の部屋』を見ていたら、黒柳徹子さんが、自宅からゲストのタモリさんの家が近いという話をしていました。それが、とても衝撃的に下手だったのを覚えています。


 その時に、徹子さんは「うちからタモリさんの家までは、うちから出て真っすぐ行って曲がって、また真っすぐ行って曲がってって感じで歩くと、すぐ着いちゃうわよね」というような事を言っていました。


 これでは、歩いて何分なのか、何メートルぐらいなのかとか、何の情報も伝わりません。


 ちなみに、この徹子さんの説明に対してタモリさんは、「まあ、どんな場所にも、まっすぐ行って曲がるを繰り返せば行けますからね」とツッコんでいました。さすがタモリさんです。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「黒柳徹子」をもっと詳しく

「黒柳徹子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ