化粧品ブランドのディセンシアがECサイトへのアクセス急増対策として性能改善を実施 サムライズのアプリケーション性能改善コンサルティングを導入

6月15日(金)11時0分 ドリームニュース

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎、以下 サムライズ)は、敏感肌専門化粧品ブランドを展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役:山下 慶子、以下 ディセンシア)が、サムライズのアプリケーション性能改善コンサルティングサービスを採用してECサイトの改善を実施したことを2018年6月15日に発表します。




■ECサイト性能改善の背景
ECチャネルを中心に事業を展開するディセンシアは、ECサイトをお客さまとの重要な接点のひとつとして、ストレスのない快適なお買い物体験の実現と同時に、商品・ブランドの提供価値を伝えるためのコンテンツ作りを行っています。
しかし、お客さま一人ひとりに合わせた最適な画面表示の制御や、高解像度の画像を利用すると、ページの表示に時間がかかり、サイトを訪問するお客さまのストレスとなる懸念があります。さらに、急速な事業成長にともなうサイトアクセスの増加に対して、継続的なサイト性能の改善が急務でした。

■性能改善のまでの流れ
そのような状況の中、ECサイトの稼働状態把握、課題抽出、さらには改善の為、ディセンシアはサムライズのアプリケーション性能改善コンサルティングサービスを採用しました。さらに、アプリケーション性能管理システムを導入することで、即座にECサイトの性能状態が可視化され、性能劣化しているユーザ操作(トランザクション)やデータベースの処理状況を詳細に把握する事が可能になりました。これにより、問題個所が明確になり、直面する課題を迅速に解決することができました。

■アプリケーション性能改善コンサルティングサービスとは
アプリケーション性能改善とは、ECサイトの稼動状態を利用者側の視点から監視し、問題点の把握や原因究明などを素早く行うことです。サムライズでは、現状把握から改善までの様々なコンサルティングと、専用のアプリケーション性能管理ツールの導入、運用のための技術支援をアプリケーション性能改善コンサルティングサービスとして提供しております。
これにより、お客様はECサイトの運用において、効率的に問題個所を特定でき、改善対策を速やかに実行することが可能になります。

■株式会社DECENCIAについて
ディセンシアは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドとして2007年に誕生しました。「敏感肌は、どこまでも美しくなれる。」をブランドステートメントに、確かな敏感肌サイエンスに基づく安心安全の追求と、敏感肌こそ美しくなれる革新的な独自技術や官能・感触へのこだわりによる美肌処方で、人生を前向きに楽しむ現代女性の肌を癒し・支え・高め、選ばれ続ける商品・ブランドを作り続けています。

■株式会社サムライズについて
サムライズは、前身である株式会社アイ・ティ・フロンティア(現 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社)ソフトウェア事業部であった2002年以来、アプリケーション性能管理ツール販売からサポート、コンサルティングサービスを通じてお客様のアプリケーションパフォーマンスに関する課題解決をご支援しております。そして、常にお客さまの視点に立ち、投資に見合う情報化・効率化を実現する「革新的な技術やサービス」を提案することで、お客さまに課題解決の為の簡易かつ最適なサービスとソリューションを提供する「ソフトウェアとサービスのマーケティング・プラットフォーム企業」を目指しております。

本社住所: 東京都品川区大崎1-6-4 新大崎勧業ビル10F
電話: 03-5436-2040(代)
URL:https://www.samuraiz.co.jp

■本件(プレスリリース)掲載場所
URL:https://www.samuraiz.co.jp/news/appli_consulting_18_1.html?dn0615

■アプリケーション性能改善コンサルティングサービスページ
URL:https://www.samuraiz.co.jp/performance_consulting/index.html?dn0615

*本文に記載のある製品名、会社名、サービス名は各社の登録商標または商標です。
*プレスリリースに記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

以上

ドリームニュース

「ECサイト」をもっと詳しく

「ECサイト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ