東芝「太陽光発電システム」新CMに高島彩 6月17日からオンエア

6月14日(火)15時45分 J-CASTニュース

新テレビCM「次の暮らし」篇のワンシーン

写真を拡大

   東芝は、元フジテレビアナウンサーの高島彩さんを起用した、住宅用太陽光発電システムの新テレビCM「次の暮らし」篇を、2011年6月17日からオンエアする。




   新CMは、ライフスタイルに太陽光エネルギーを上手に取り入れた、エコで豊かな暮らしを提案するもので、家に集まる兄夫婦らとホームパーティーを楽しむ様子を描いたものだ。よく晴れたある日、日差しがさし込むリビングの窓際に立ち、やさしい表情で空を見上げる高島さんが「太陽で、暮らしがかわるよ」とひとこと。太陽エネルギーを利用した暮らしの中で、キッチンにあるレンジでパンや肉を焼いたり、リビングで子どもたちがテレビを見たりしながら発電状況をチェックする場面を描き、太陽の力で可能となる「次世代のライフスタイル」を表現している。


   最も重要な最初のカットでは、37テイクも取り直してこだわった。監督の度重なる細かいい指示にも笑顔で応えた高島さんは、やっと出たOKに「スイマセン」と頭を下げ、安堵(あんど)の笑顔を浮かべた。また、ナレーション撮りでは「生放送でテレビに出るほうが緊張しない」と言いながらも、その美声でなんなく録り終えてしまったそうだ。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「CM」のニュース

BIGLOBE
トップへ