いつでもどこでも、そばにいるふせん

6月15日(水)12時6分 J-CASTニュース

「cocofusen(ココフセン)」

写真を拡大

   カンミ堂(東京・品川区)は、"使いたいときかならずそばにある"新しいふせん「cocofusen(ココフセン)」を2011年6月1日から発売している。



   コンパクトなケースにセットされたポップアップ式のフィルムふせん。ケース裏についた張りはがしのできる粘着シールが特長で、好きな場所にセットすることができる。


   本の表紙に張りつければ、大事なところや気になるページをチェックしながら読めるだけでなく、重要なところを探す"クセ"もつく。ドッグイヤーをして本に折り目をつけたくない人にもおすすめで、携帯電話にセットすれば、電話をかけながらサッとメモを取り出して書くことも可能だ。


   30枚入り4ケースがセットになっていて、カラー別に5タイプ(399円)とSサイズ1タイプ(504円)の全6タイプを展開している。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「そば」をもっと詳しく

「そば」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ