東京ディズニーシー大規模拡張、満足度向上狙う

6月15日(金)9時41分 読売新聞

 オリエンタルランドが14日発表した東京ディズニーシー(TDS)の大規模拡張計画は、来場者の満足度向上が大きな狙いだ。混雑緩和につなげ、入園料を値上げしやすい環境づくりにも弾みをつけたい考えだ。

 東京ディズニーランド(TDL)を含む東京ディズニーリゾート(TDR)の入場者数は、2013年度以降、5年連続で3000万人を超えている。

 一方、休日は人気のアトラクションが2〜3時間待ちとなることもあり、混雑は常態化している。今夏には待ち時間が分かるスマートフォン向けのアプリを始めるが、抜本的な解決策は見いだせていない。

 産官学で作る「サービス産業生産性協議会」によると、13年度は1位だったTDRの顧客満足度は、17年度は36位まで順位を下げた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「東京ディズニーシー」をもっと詳しく

「東京ディズニーシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ