格安スマホに関する調査

6月16日(金)13時0分 @Press

株式会社Insight Tech(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤友博、以下、当社)は、当社が運営する不満買取センターを通して収集した「格安スマホ」についての声を分析しましたのでお知らせいたします。

調査結果:http://insight-tech.co.jp/static/linkpages/IT_smartphone_2017-06-16.html

■ ■調査結果_サマリー
利用意向は高く「料金」の安さに期待。
ただ、「なぜそんな安いのか?」となんとなくの「不安」も。
特に「サポート」への不安が大きくバリアに。

そしていざ使ってみると、「通信品質」が不満に。
利用者によるネガ情報が普及の阻害要因になる可能性も。

利用意向は高い「格安スマホ」。「格安だから」ではなく「格安なのに」が求められている。

■ ■トピックス
1. 格安スマホの利用意向は50/50
現未利用者の格安スマホ利用意向は47.9%。男性の方が利用意向がやや高く、更なる普及が見込まれる。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131071/img_131071_1.png

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/131071/img_131071_2.png

2. 格安スマホへの意向理由は圧倒的に「料金」
現未利用者が利用したい理由の8割は「安いから」。ついで1割弱が「大手に不満」。
「格安スマホ」といわれる通り、安い料金への期待が突出して高い。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/131071/img_131071_3.png

3. 格安スマホ未利用者が最も懸念しているのは「サポート」
格安スマホ未利用者が抱える最も大きな懸念は「サポート」。
「不安」&「よく分からない層」も多く、情報を持っておらず分からないから、漠然と不安に思っている。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/131071/img_131071_4.png

4. 格安スマホ利用者の一番の不満は通信品質
格安スマホ利用者の不満では「通信品質」が最多。
端末と料金も、いざ利用してみると不満に感じるポイントに。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/131071/img_131071_5.png

■ ■調査結果
「格安スマホに対する不満」章立て
1. 格安アタリマエ時代?
2. 魅力は”安さ”オンリー?
3. じわるストレス
4. 伸びるか止まるか
5. 若者のネガ反応
調査結果の全資料は下記よりダウンロードください。
http://insight-tech.co.jp/static/linkpages/IT_smartphone_2017-06-16.html

■ ■調査概要
調査対象 : 不満買取センター会員 1,048ss
調査手法 : 不満買取センター(web)内でのアンケート
地域 : 全国
調査期間 : 2017年5月

■ ■会社概要
商号 : 株式会社Insight Tech(http://insight-tech.co.jp)設立:2012年6月19日
所在地 : 〒163-1333 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
事業内容 : マーケティング調査やレポート作成
自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託
企業プロモーションやブランディングサポート
不満買取センターの運営

■ ■不満買取センターについて
不満買取センター(http://fumankaitori.com)は2015年3月18日にサービスをローンチしました。
Web及びスマートフォンアプリを通して生活者からの不満の声を収集しており
現在累計35万人以上の会員、600万件以上の不満データが集まっています。(2017年6月16日時点)
特定のテーマによる調査依頼、蓄積されたデータ等にご興味のある方は、広報担当までお問い合わせください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

調査をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ