計測データをiPhoneに送信 個別で管理できるカシオのストップウォッチ

6月16日(金)12時0分 J-CASTニュース

カシオ初のBluetooth搭載

写真を拡大

測定データをiPhoneへ送信し、個人別での管理が可能なカシオ初のBluetooth搭載ストップウォッチ「HSB-100W」が、2017年6月から発売になる。

メール送信も可能


専用アプリ「CASIO StopWatch+」との連携により、ストップウォッチで測定したデータをiPhoneへ送信。保存した測定データは個人別での管理が可能なので、さまざまなスポーツ競技でのプレイヤー別データの測定・管理に役立つ。


アプリ内に保存したラップメモリ、ピッチメモリのデータはCSV形式のファイルにして、メール送信も可能。パソコンのExcelファイル等でのデータ保存に役立つ。iPhoneとのBluetooth連携により、時計としての正確な時刻表示も可能だ。


対応機種は、iPhone5〜、対応OSは、ios8〜。


価格は8000円(税別)。


詳細は、公式サイトから。

J-CASTニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ