注目ワード薬丸裕英・山口達也 山口達也・会見 田村正和・引退宣言 フジテレビ・松本人志 セクハラ・次官 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

夏ボーナス ソニーは意外な大幅増、シャープと東芝は大幅減

NEWSポストセブン6月16日(火)7時0分

「夏のボーナス90万円超え、大手、7年ぶり」(日本経済新聞・5月30日付)

「夏ボーナス好調 『リーマン』後最高に」(読売新聞・5月30日付)


 5月29日に経団連が公表した2015年夏のボーナス第1回集計を受けて、バラ色の見出しが各紙を賑わせた。集計によると、組合員平均の妥結額は前年比2.43%増の91万3106円(その時点で妥結していた63社の組合員平均)。3年連続の増加で2008年のリーマンショック以降最高の水準だという。


 本誌は各企業への独自取材で有名95社の今夏のボーナスを徹底調査した。経団連の集計で好調とされた業界は昨年比4.8%増の「電機」、3.68%増の「非鉄・金属」、5.54%増の「紙・パルプ」、そして5.97%増の「造船」だ。


 円安効果を享受した電機メーカーの代表格が日立製作所だ。2015年3月期連結決算(以下、3月期決算)で3期連続の過去最高益を記録し、ボーナスは約2万3000円アップの87万3158円となった。


 意外だったのが、ソニーの大幅アップだ。営業利益は前期比158.7%という大幅増だが、3月期決算ではスマートフォン事業の苦戦で最終損益が1259億円の赤字となり、2014年度の配当は初の無配に転落した。株主としてはすんなり納得できないかもしれない。


「会社の業績が復調し、これまでの水準に戻したという感覚です。平井一夫社長、吉田憲一郎副社長など執行役員8人は業績不振の責任を取ってボーナスを返上しており、株主からも目立った批判はありません」(ソニー広報・CSR部)


 一方で大きく減額となったのはシャープと東芝だ。3月期決算の営業利益が前年より大幅に減った不調のシャープは基本給が減額になった上に、今回のボーナス額も半減となった。


「現下の経営状況と従業員のモチベーションへの影響を踏まえ、慎重に検討した結果、1か月の賞与支給としました」(シャープ広報部)


 インフラ関連3事業で2014年3月期までの3年間で営業利益が500億円水増しされる不適切会計が発覚した東芝は、3月期決算が確定していない。そのためいまだに賞与の業績連動分が決まらず、夏のボーナスは前代未聞の「仮払い」となる。額も昨夏より大きく減る見込みだという。


「まさに青天の霹靂です。さらなる不適切会計が発覚するのではないかと されているので心配しています」(40代東芝社員)


 自動車や建設関連への供給で好調の鉄鋼3社はいずれも3万〜6万円のアップだった。


※週刊ポスト2015年6月26日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「夏ボーナス ソニーは意外な大幅増、シャープと東芝は大幅減」の関連ニュース

注目ニュース
"入社4日目"で退社した新社会人の言い分 プレジデント社4月26日(木)15時15分
■2日目で違和感、3日目で決断街中で希望溢れる若々しい新人を目にする機会が増えた4月、すでに「新入社員」を辞めてしまった者も一部ながら存在…[ 記事全文 ]
シャープ、4年ぶり黒字=鴻海傘下で再建進む—18年3月期 時事通信4月26日(木)18時37分
シャープが26日発表した2018年3月期連結決算は、純損益が702億円の黒字(前期は248億円の赤字)となった。台湾の鴻海(ホンハイ)精密…[ 記事全文 ]
ゆうちょ銀・かんぽ生命、3年で1700人削減 読売新聞4月26日(木)6時8分
日本郵政傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険が2020年度までの3年間で計1700人程度の人員削減を検討していることがわかった。超低金利環境による資金の運用難や、情報技術(IT)を活用した金融サービス「フィンテック」の普及に伴う金融機関の競争激化に対応する。新規採用の抑制などで従業員を段階的に少なくし…[ 記事全文 ]
正しいけれど、使わない方がいい敬語とは? All About3月26日(月)18時15分
実は尊敬語で一番使う表現「〜れる」「〜られる」ですが、できることならこの言葉は使わない方が賢明なのです。それは、いったいどういう事なのでし…[ 記事全文 ]
任天堂社長に46歳の古川氏昇格 経営の若返り図る 共同通信4月26日(木)18時59分
任天堂は26日、君島達己社長(68)の後任に古川俊太郎取締役常務執行役員(46)が昇格する人事を発表した。6月28日の株主総会を経て就任す…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア