機能性表示食品のノンアルコールビール『パーフェクトフリー』が早くも話題。健康を気遣う人に嬉しいダブル機能とは!?

6月16日(火)19時25分 Techinsight

16日より全国で新発売した『パーフェクトフリー』

写真を拡大


近年高まる健康意識に伴い、自身の身体を気遣う人が増えている。そんな人たちに嬉しいノンアルコールビールが、キリンビールより発売された。発売当日の16日、東京・中野にて『パーフェクトフリー』発売初日 サンプリング・社長インタビュー式が行われ、キリンビール株式会社・布施孝之社長自らサンプリングを配る様子が見られた。

特定保健用食品に加え、4月より施行された機能性表示食品制度をきっかけに健康ニーズはさらに多様化していくものと想定される。そこに目をつけたキリンビールは、ノンアルコール・ビールテイスト飲料を飲んでいる消費者は健康意識が高いこと、また食事のシーンで多く飲まれていることに着目。食事の際に脂肪の吸収を抑え、糖の吸収を穏やかにする“難消化性デキストリン”を配合した新商品『パーフェクトフリー』を発売、ノンアルコール・ビールテイスト飲料市場の活性化と消費者の支持拡大を目指すという。


「各社が似たような商品で参入することで(ノンアルコールビールの市場が)活性化していくのではないかと思います」と、昨年9月に糖質ゼロ・プリン体ゼロの発泡酒で大手4社の競争が激化した“ゼロゼロ戦争”で市場が活性化されたことに触れ、「最終的に残るブランドは決まっていると思う、必ず残りたいし残る自信がある」と絶大な自信を見せた布施社長。「発売前の商談では非常に流通の評価が高いです」と言うから尚更のことだろう。


2013年に機能性表示食品制度が閣議決定してから研究開発をずっと続けてきたと話す布施社長は「特保の場合は非常に審査の時間軸が長いが、今回のような機能と味覚を両立できる良い商品が出来た場合は、スピード感という意味で機能性表示食品制度を活用させて頂いて、すぐにお客様に喜んで頂くのがメーカーの使命かなと思います」と語る。

TVCMには蒼井優を起用し、とても良いCMが出来たそうだ。「そのCMを見て認知して頂いて、店頭で露出してもらって、1本でも多くトライアルして欲しい。良い味覚に仕上がっているのでリピーターに繋がると確信しています」と話し、その後報道陣には『パーフェクトフリー』が配られ試飲することに。スッキリとした苦みとキレのある後味で食事にピッタリであった。さらに脂肪の吸収を抑え、糖の吸収を穏やかにするとなれば、手に取ってしまうのも納得である。

キリンビール株式会社のノンアルコール・ビールテイスト飲料『パーフェクトフリー』は16日より全国で発売中。
(TechinsightJapan編集部 みほりー)

Techinsight

「ノンアルコール」をもっと詳しく

「ノンアルコール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ