TSUTAYAが映画監督をプロデュース? 企画書募集中、優秀作品は最大5000万円の製作費支援

6月17日(水)12時43分 J-CASTニュース

   TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループは2015年6月16日、クリエイター発掘プロジェクト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の第1弾として、「映像クリエイター発掘」を開始すると発表した。

   プロジェクトを主催するCCCグループのカルチュア・エンタテインメントとT-MEDIAホールディングスが、クリエーターの発掘から作品製作、レンタル・販売までを総合的に手掛ける。


   第1弾「映像クリエイター発掘」は、60分以上となる長編実写映像の企画書をプロ・アマ、年齢、性別、国籍、学歴問わず、8月16日まで募集する。1エントリー当たり3000円(税込)のエントリー料がかかる。


   その後、1次、2次、最終審査を経てグランプリ1作品、準グランプリ2作品を選ぶ。最終審査会では、映画プロデューサーの阿部秀司さん、映画監督の大谷健太郎さん、本木克英さんなどが審査員を務める。


   受賞作品については、資金や制作体制をバックアップし、各上限5000万円の製作費も準備する。


   完成した作品は全国のTSUTAYAをはじめ、CD/DVDレンタルサイト「TSUTAYA DISCAS」や動画配信サイト「TSUTAYA TV」で独占レンタルを展開する。

J-CASTニュース

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ