新電力販売事業へ新規参入、メディロムのSDGsへの取り組み

6月17日(木)16時16分 PR TIMES

人々の健康的な生活環境づくりをサポート!〜再生可能エネルギー事業を通じて気候変動・環境問題の解決に貢献〜

株式会社メディロム(本社:東京都港区、代表取締役:江口 康二、米国Nasdaq上場 NASDAQ: MRM 以下「当社」)は再生可能エネルギー事業を行うリニューアブル・ジャパン株式会社(代表取締役社長:眞邉勝仁、以下「リニューアブル・ジャパン」)およびグループ会社である株式会社みらい電力(代表取締役社長:中西芳比朗、以下「みらい電力」)と、再生可能エネルギー及び小売電気事業に関連した事業を共同で行うために「基本合意書」を締結したことをお知らせいたします。
なお、当社は電力小売事業者申請をしており、電力小売事業開始に向けて準備を進めております。

1.ビジネスモデル

[画像1: https://prtimes.jp/i/16099/93/resize/d16099-93-477219-8.jpg ]




当社は、みらい電力と代理契約を締結し、再生可能エネルギー電力を調達を行う
当社は、顧客へ電力販売を行い収益を得る
当社は、電力収益をもとに、一定のルールに従って、再生可能エネルギー発電関連アセットへ投資等を実施し、再生可能エネルギー発電の普及促進を行う
当社の投資等を通じて生み出された再生可能エネルギーをみらい電力に電力供給

両社との協力により、再生可能エネルギーの生産・運用・供給の好循環を生み出すことを狙いとしています。

2.背景

[画像2: https://prtimes.jp/i/16099/93/resize/d16099-93-822386-7.jpg ]


当社は「健康を、もっと、あたらしく」をビジョンに掲げ、リラクゼーションスタジオ運営事業を中心に様々な方法でユーザーの“健康”と向き合ってきました。
現在、地球規模の問題となっている気候変動や環境問題は、人々の生活環境に影響を与え、結果として多くの人々の健康に多大な影響を与えてきています。

『健康』をユーザーに届ける企業として、当社は人々の生活を取り巻く気候、気温、空気といった環境が持続的・安定的であることが、人々の心身の健康維持にきわめて重要であると考えております。
我が国では、原子力発電所の稼働停止により、カーボンニュートラルへのシフトという世界の潮流に反して、発電量に占める火力発電の比重が以前にも増して高まっております。諸外国に比べ再生可能エネルギーによる発電量が占める割合が低い現状の中、環境変化による健康への悪影響を未然に防ぎ、よりクリーンなエネルギーへの転換に貢献することは、『健康』をユーザーに届ける企業としての当社のミッションの一つであると捉え、新電力販売事業に参入することを決意いたしました。今後、新電力販売事業を通じて、人々がより健康的に暮らせる社会を目指します。

3.当社が目指すSDGsのカタチ
新電力販売事業を通して、以下、3つのSDGsの達成を目指していきます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/16099/93/resize/d16099-93-943509-5.png ]


目標3 すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

持続可能な開発目標の達成に資するヘルスケアのあり方を考え、その実現に向けて邁進いたします。

■リニューアブル・ジャパンについて

[画像4: https://prtimes.jp/i/16099/93/resize/d16099-93-972912-11.png ]



リニューアブル・ジャパンは、再生可能エネルギー専門事業者として、電源開発から資金調達、EPC工事、発電所の管理・運営に至るまでワンストップで行う独自のビジネスモデルを構築しています。地域との密なコミュニケーションを大切にし、地域と寄り添いながらクオリティの高い発電所の開発・運営を行い、持続可能な低炭素社会の実現に向けた再生可能エネルギーの普及に取り組んでいます。
URL : https://www.rn-j.com/
■リニューアブル・ジャパンの概要
会社名 :リニューアブル・ジャパン株式会社
代表者 :代表取締役社長 眞邉 勝仁
設立  :2012年1月25日
資本金 :42億1,950万円(資本準備金を含む)
所在地 :東京都港区虎ノ門1丁目2番8号
事業内容:再生可能エネルギー発電事業、金融商品取引業、特定建設業

■みらい電力について

[画像5: https://prtimes.jp/i/16099/93/resize/d16099-93-404114-9.png ]

みらい電力は、2015年11月の設立以来、新電力事業者として再生可能エネルギーを中心とした電力小売事業を展開し、日本全国の法人・個人のお客様に向けて電力をお届けしています。2019年よりリニューアブル・ジャパングループの一員となり、再生可能エネルギーの普及拡大に向けて事業の更なる強化に努めています。
URL:https://miraiden.jp/
■みらい電力の概要
会社名 :株式会社みらい電力
代表者 :代表取締役社長 中西 芳比朗
設立  :2015年11月2日
資本金 :8,000万円(資本準備金を含む)
所在地 :愛知県名古屋市西区則武新町4丁目3番12号
事業内容:自然エネルギーを中心とした電力の販売及び買取(新電力事業)

◼️MEDIROMについて

[画像6: https://prtimes.jp/i/16099/93/resize/d16099-93-171034-2.png ]

メディロムは健康管理サービスを目的とした「Re.Ra.Ku」を中心に、全国301店舗(2021年4月末現在)のリラクゼーションスタジオを展開しています。2015年よりヘルステックビジネスに参入し、オンデマンドトレーニングアプリ「Lav(R)︎」を利用した「特定保健指導」や体質改善プログラムを実施しております。また、2020年にはデバイス事業に参入し、ウェアラブルデバイス「MOTHER」を開発し、現在、製品化を目標に引き続き開発作業を進めております。今後は、創業以来蓄積した生活習慣データを基にしたデータ解析事業へも事業領域を広げて参ります。
URL : https://medirom.co.jp/
◼️株式会社メディロムの概要
社名 :株式会社メディロム(英文名 MEDIROM Healthcare Technologies Inc.)
本社所在地: 東京都港区台場2-3-1 トレードピアお台場16F
代表 : 代表取締役 江口 康二
設立 : 2000年7月
資本金 : 24億7163万円(準備金含む、J G A A P基準)
事業内容 : スタジオ運営事業/フランチャイズ事業/ヘルステック事業/デバイス事業
上場市場 :NASDAQ

PR TIMES

「新電力」をもっと詳しく

「新電力」のニュース

「新電力」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ