fuzion LLM LAB.で、「Dify」に特化した生成AIシステム導入支援、受託開発、研修事業を開始

2024年6月17日(月)18時16分 PR TIMES

株式会社Relie(本社:東京都港区、代表取締役:栗栖崇)とCount Lead合同会社(本社:埼玉県川口市、代表 福井大介)は、生成AI関連の技術開発や導入支援を行う「fuzion LLM LAB.」を共同運営しています。このたび、新たなサービスとして、LLMOpsプラットフォーム「Dify」に特化した生成AIシステム導入支援、受託開発、研修事業を開始いたします。
[画像: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/131409/2/131409-2-f3b6eda240ff735add1771f4df1a80d3-1920x1080.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
新サービスの背景
生成AI技術の進化に伴い、企業は多様な業務プロセスを自動化し、効率化を図るためのソリューションを求めています。しかし、生成AIシステムの開発や導入には高度な専門知識と技術が必要であり、多くの企業が導入に難しさを感じています。これに対応するため、fuzion LLM LAB.では、LLMOpsプラットフォーム「Dify」に特化した生成AIシステムの受託開発プランを新たに提供し、企業の生成AI導入を強力に支援します。

サービス概要
新たに提供する「Dify」に特化した生成AIシステム受託開発プランでは、以下のサービスを提供いたします。

1. 初期導入支援:
業務にすぐに利用できる、汎用独自アプリをパッケージングして提供します。これにより、迅速なシステム導入と運用開始をサポートします。
2. 研修(トレーニング):
自社でのアプリ作成、データ管理、業務利用ができるように従業員向けの研修を提供します。これにより、企業内での生成AI技術の活用を促進します。
3. 受託開発:
業務にフィットしたDifyアプリの受託開発を行います。各企業のニーズに合わせたカスタマイズが可能で、高度な自然言語処理技術を駆使し、業務プロセスの自動化や効率化を実現します。
4. 継続的なアップデートとメンテナンス:
最新の生成AI技術を反映したシステムのアップデートやメンテナンスを継続的に提供します。これにより、システムの常に最適なパフォーマンスを維持します。

「Dify」の特徴
「Dify」は、生成AIシステムの開発と運用を効率化するためのLLMOpsプラットフォームです。以下の特徴があります。

1. 簡単な操作:
直感的なユーザインターフェースで、非技術者でも簡単にアプリケーションを作成・管理できます。
2. 多様なモデルサポート:
OpenAIのChatGPTやGoogleのGeminiなど、主要なAIモデルをサポートし、新しいモデルを迅速に追加できます。
3. 迅速な開発:
視覚的なツールを使用して素早くプロジェクトを進め、開発時間を大幅に短縮します。
4. 自社専用の環境での構築:
オープンソース版を提供しており、企業は自社専用の環境に構築可能。これにより、セキュリティやカスタマイズのニーズに対応できます。
5. RAG (Retrieval Augmented Generation):
知識ベースからの情報を利用して高品質な回答を生成し、ユーザーの質問に対してより正確で豊富な情報を提供します。

今後の展望
fuzion LLM LAB.では、今後も生成AI技術の研究開発を進め、新たなソリューションを提供してまいります。企業のDX推進を強力に支援し、未来のビジネス環境を共に創造していくことを目指しています。
本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社Relie
「次世代に誇れる日本を創る」というビジョンの元、若者との接点の無い企業に向けたZ世代へのマーケティング支援と採用支援を行うとともに、若者×AI×地方をテーマとして、主に地方企業へこれからの時代に必須となるAI導入支援を行っている。
所在地:東京都港区芝4-16-2-E1402
代表:栗栖 崇
設立:2020年5月
事業内容:マーケティング事業、AI事業
公式サイト:https://re-lie.com/

Count Lead合同会社
設立:2020年11月
代表:福井 大介
TEL:048-499-9898
公式サイト:https://count-lead.jp/

PR TIMES

「LLM」をもっと詳しく

「LLM」のニュース

「LLM」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ