ANAマイルが一番貯まるベストチョイスはコレ! 「ソラチカカード」をあえてサブカードにすることで 年会費2000円でもマイル還元率1.35%を実現!

6月18日(木)17時30分 ダイヤモンドオンライン


 2014年10月現在、ANAのマイルをもっとも効率良く貯められるカードは、なんといっても「ANA ダイナース プレミアムカード」だろう。100円につき1ポイント獲得でき1ポイントは1マイルに交換できる。さらに100万円利用ごとに1万ポイント獲得できるため、 還元率は最大2.0%になる。しかし、年会費が15万5000円+税と非常に高額なのがネックだ。


一般カードでは還元率1.00〜1.09%

交換手数料を抑えるテクニックが必須


 では、一般カードではどうだろうか?


 一般カードでは、年間利用額に対するボーナスポイントを考えても還元率は1.00%〜1.09%だ。年会費は、「ANA VISAカード」 や「ANA VISA Suicaカード」 が2000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が6000円+税、合計で年間8000円+税となる。「ANA JCBカード」や「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」が、2015年以降は年会費が2000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が5000円+税と、合計で年間7000円+税となる(2015年4月までは年会費2000円+税、移行手数料2000円+税)。

































ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。

「10マイルコース」申込時)


発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜)
初年度年会費無料、2年目以降2000円

(マイル移行手数料は年5000円)
家族カード
あり(年1000円、税抜)
おすすめポイント
年会費+マイル移行手数料の年間維持費が

安く、東京メトロの定期券購入、乗車でも

ポイントが貯まる!

(関連記事⇒「ANA JCBカード(ソラチカカード含む)」のマイル移行手数料が、2015年4月から5000円に! それでもANA系カードで最低コストは変わらず)

「JALカード」の「ショッピングマイル・プレミアム」加入時の5000円+税でも高く感じる年会費だが、「ANAカード」の場合は更に高額となっているのだ。





















■「JALカード」と「ANAカード」の年間コスト比較
カード名 JALカード
ANAカード

(Visa/MasterCard/JCB)
年会費
(一般カード)
2000円+税 2000円+税
その他年会費
(ショッピング

マイル・プレミアム移行手数料)
3000円+税 5000円+税(JCB 2015年4月以降)

6000円+税(Visa/MasterCard)



 ただし、「ANA VISAカード」、「ANA VISA Suicaカード」 、「ANA JCBカード」、「ソラチカカード」の場合、毎年マイルを交換せずに3年に1度のみ交換することで、交換手数料をおさえることが可能だ。3年に1回交換することを考えると、「ANA VISAカード」 の年会費は4000円+税、「ANA JCBカード」の場合は3666円+税と、実質的に若干安くなる(1回の交換手数料を3年で割った平均として計算)。

(関連記事⇒2015年春からマイル移行手数料の値上げが決定! 「ソラチカカード」など「ANA JCBカード」のマイル移行手数料を3分の1に節約するスゴ技とは?)


「マイ・ペイすリボ」を利用すると

還元率が最大1.39%までアップ!


 さらに「ANA VISAカード」 と「ANA VISA Suicaカード」 は、「マイ・ペイすリボ」の“登録”を行うことで年会費を下げることができる。前述の3年に1回の交換と併用すると、「ANA VISAカード」 の場合は年間3025円+税、「ANA VISA Suicaカード」 の場合は2751円+税まで安くすることが可能だ。また「ANA VISAカード」 、「ANA VISA Suicaカード」、「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード」で「マイ・ペイすリボ」を“利用”した場合は、還元率が1.30%〜1.39%までアップする。
























































■ANAマイルが貯まる一般カードの比較
カード名
ANA JCBカード
ソラチカカード

ANA VISAカード
ANA TOP&ClubQ PASMO

マスターカード

ANA VISA Suica

カード
年会費
(税抜)
通常 2000円 2000円
マイ・ペイす

リボ登録時
2000円 1025円 751円
交換手数料
(税抜)
通常
5000円(2015年4月以降)
6000円
3年ごとの交換
1666円(2015年4月以降)
2000円
年間利用額に

応じた還元率
30万円 1.00% 1.00%(マイ・ペイすリボ利用時:1.30%)
50万円 1.03% 1.03%(マイ・ペイすリボ利用時:1.33%)
100万円
1.05% 1.06%(マイ・ペイすリボ利用時:1.35%)
300万円
1.06% 1.09%(マイ・ペイすリボ利用時:1.39%)



 ただし、「マイ・ペイすリボ」でのボーナスポイントを獲得するには、リボ金利の発生が条件となる。普通に「マイ・ペイすリボ」を使った場合は年利15.0%の金利が発生するため、ボーナスポイントを獲得するメリットはないだろう。


 毎月、支払額の調整を行い、「マイ・ペイすリボ」のリボ金利を最小限にできる人であれば「ANA VISA Suicaカード」がANAのマイルを貯める最強のカードとなるが、一歩リボ金利の計算を間違うと大きな損失となるので注意が必要だ

































ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%

(※ 1マイル=1.5円換算。

「10マイルコース」申込時)


発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜)
初年度無料、2年目以降2000円

(マイル移行手数料は年6000円)
家族カード
なし
おすすめポイント
マイル移行手数料は割高だが、
モバイルSuicaの年会費無料や

Suicaチャージでのポイント付与は

メリット大

「ソラチカカード」があれば「エクストリームカード」の

ポイントをANAマイルに交換可能


 では、リボ払いのリスクなしで「ANA VISA Suicaカード」 並みに還元率を高める方法はないだろうか? ジャックス発行の「エクストリームカード(Extreme Card)」 と「ソラチカカード」の組み合わせが良いだろう。


「エクストリームカード」の年会費は初年度無料、2年目以降は3000円+税。ただし、年間利用額が30万円以上の場合は2年目以降も無料となるので、メインカードとして利用していれば実質的に年会費は無料と考えられる。


 一方、「ソラチカカード」の年会費は2000円+税だ。ただし「ソラチカカード」はサブカードとして利用するため、「5マイルコース」で十分だろう。マイル特約店、PASMOのオートチャージなどを 「ソラチカカード」で支払い、貯めたOki Dokiポイントは1Oki Dokiポイントを5マイルとして交換する。この場合、移行手数料はかからない。


 では、実際の獲得ポイントを見てみよう。「エクストリームカード」を利用すると、1000円につき10Extreme Cardポイントが貯まる。Extreme Cardポイントの2000ポイントは、Gポイントの3000Gに交換可能だ。Gポイントの100Gは、東京メトロの100メトロポイントとして交換できる。さらに「ソラチカカード」保有者の場合は、100メトロポイントを90マイルに交換が可能となる。


 つまり、2000Extreme Cardポイントは3000Gとなり、3000Gは3000メトロポイント、3000メトロポイントは2700マイルに交換できるのだ。


2000 Extreme Cardポイント(エクストリームカード)
⇒3000G(Gポイント)
⇒3000メトロポイント(東京メトロ)
⇒2700マイル(ANAマイル)


 仮に「エクストリームカード」を年間60万円利用した場合、6000 Extreme Cardポイントを獲得できる。この場合は8100マイルに交換可能だ。60万円で8100マイルを獲得できると考えると、マイル還元率は1.35%。この場合の年会費は、「エクストリームカード」 は30万円以上利用しているため無料で、「ソラチカカード」の2000円+税のみとなる。


 では今度は、「ソラチカカード」で 60万円利用し、10マイルコースで3年に1度ポイントを交換した場合を考えてみよう。


 1000円につき1Oki Dokiポイント付与のため、600Oki Dokiポイントの獲得となる。1Oki Dokiポイントは10マイルで交換するため6000マイルだ。ただし、50万円以上利用した場合のボーナスポイント(毎年同じ金額を利用し、翌年のボーナスポイントとなる)を考慮すると6180マイルの獲得となる。マイル還元率は1.03%。この場合の年会費、交換手数料を考慮すると3666円+税となる。

(関連記事⇒ANAマイルを貯めている人は必見! 2枚のクレジットカード+ポイントサイトを使ってANAマイルを通常の1.35倍も貯める裏ワザ大公開!)


 この2つのパターンを比較してみると、ソラチカカード」はメインカードとして利用するよりも、サブカードとして利用したほうが効率よくマイルを貯められることがわかっただろう。


「マイ・ペイすリボ」のデメリットを考えると

「エクストリームカード」+「ソラチカカード」が現実的な選択か


 最後に、「ANA VISA Suicaカード」 と「エクストリームカード」+「ソラチカカード」を比較すると以下のようになる。なお、「ANA VISA Suicaカード」 は「マイ・ペイすリボ」を活用し、3年に1回マイルへの交換を行うという条件で比較している。














































■「ANA VISA Suicaカード」 と

「エクストリームカード」+「 ソラチカカード」の比較
カード名 ANA VISA Suicaカード
エクストリームカード
ソラチカカード

券面






年会費(税抜)
2751円
(マイ・ペイすリボ登録、

3年に1回ポイント交換時)
2000円
(Extreme Cardの年間利用額が30万円以上の時)
ANAマイル還元率 1.0%〜1.39% 1.35%
有効期限 3年間 それぞれのポイントの有効期限
チャージでポイント

が貯まる電子マネー
Suica
PASMO(ソラチカカード)
メリット ・メインカード1枚になる ・ANAカード単体よりも年会費

(移行手数料含む)が安い

・メインカードがVisa、サブカードが

JCBと相性が良い

・マイルへの交換はいつでも可能
デメリット ・毎月リボ金利が最小になるように

調整が必要

・3年に1回しかマイルの交換ができない
・交換レートが悪くなる可能性がある

・交換日数が長い



 どちらもそれなりに手間がかかるうえ、表に書いたようなデメリットが大きいため、実際に「ANA VISA Suicaカード」 と「エクストリームカード」+「ソラチカカード」を使い続けるのはなかなか難しい。特に「マイ・ペイすリボ」は、慣れればそれほど手間がかからないが一度間違うと修正が難しい。


 そのため、エクストリームカード」+「ソラチカカード」でマイルを貯め、交換レートが悪くなった場合は「ソラチカカード」をメインカードに昇格し、「10マイルコース」へ登録を変更する現実的な選択肢だろう

































エクストリームカード

還元率 1.25〜1.5%



発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜)
初年度無料、2年目以降2500円

(50万円以上の利用で次年度無料)
家族カード
あり(年400円、税抜)
ポイント付与対象の

電子マネー
モバイルSuica
































ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
還元率 1.5%

(※ 1マイル=1.5円換算。

「10マイルコース」申込時)


発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜)
初年度年会費無料、2年目以降2000円

(マイル移行手数料は年5000円)
家族カード
あり(年1000円、税抜)
おすすめポイント
年会費+マイル移行手数料の年間維持費が

安く、東京メトロの定期券購入、乗車でも

ポイントが貯まる!

ダイヤモンドオンライン

「カカー」をもっと詳しく

「カカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ