なぜ、大型バイク No.1ブランド「ハーレー」は 売れ続けるのか?

6月18日(土)9時0分 ダイヤモンドオンライン

横田伊佐男(Isao Yokota) CRMダイレクト株式会社代表取締役。企業や受講者の課題点をすばやく摘出し、短時間で確実な成果へと引き上げる「超訳力」を駆使したマーケティング研修講座は、上場企業ホールディングス、政府系金融機関、欧州トップの外資系金融企業、意欲ある中小企業経営者等からの依頼が絶えず、これまでの受講者はのべ2万人を数える。横浜国立大学成長戦略研究センター研究員。 【CRMダイレクトHP】 http://www.crm-direct.com/

写真を拡大

約3年の月日をかけて、伝説の名著3部作・計4冊2000ページ超がたった1冊に凝縮された『最強のコピーライティングバイブル』がついにリリース。発売たちまち重版出来となった。

鉄板の法則を「骨」とし、国内成功24業種100事例で肉づけした著者の横田伊佐男氏。
「Amazonランキング大賞2016上半期【ビジネス・経済】ベスト10」にランクインした『稼ぐ言葉の法則』著者で、「日本一のマーケッター」の神田昌典氏が「今後100年、歴史に刻まれる名著」と断言した『最強のコピーライティングバイブル』から、コピーライティングの極意をこっそり紹介してもらおう。


「キーワード訴求」を現場で使いこなす


●[超訳ヒント1]どんなときに使うか?

 筆が進まないときは、先にキーワードを設定する


 コピーライティングをしていると、筆が進まないときも多い。


 そんなときこそ、先に「キーワード」を設定すると自動的に筆が進む。「どうやって、◯◯するのか」「◯◯する方法」などと設定してから、空白文字の◯◯を埋める作業に入るのだ。こうすることで、筆がなめらかに動く。


●[超訳ヒント2]これだけ押さえたいキーワードは?No.18「理由・なぜ」は、万能選手

「キーワード訴求」のカテゴリーは全部で10個あるが、とりわけ1つだけ押さえておきたいキーワードは、型18の「理由、なぜ」だ。


 好奇心にあふれる読み手を惹きつける魔法のキーワードである。

 なぜなら、人は「理由、なぜ」という問いの後にある「答え」を知りたくなるからだ。


●[超訳ヒント3]「理由・なぜ」コピーのテクニック
 「Ask(問う)」

 「Answer(答える)」

 「Action(行動する)」


 No.18「理由、なぜ」でコピーを書くテクニックを3つ紹介しよう。3つの「A」を使いこなすことだ。


【テクニック1】「Ask(問う)」

「〜する理由」「なぜ〜するのか」のいずれのキーワードにおいて重要なのは、「問いかける」である。読み手は常にその先にある「答え」を探そうとするからだ。


 その「答え」こそが、訴求したい商品やサービスであるべきなので、何を「答え」とするか、事前に決めて問いかけることがキャッチコピーに求められる。


【テクニック2】「Answer(答える)」

「問い」を設定したら、その「答え」は、「問い(〜する理由)(なぜ〜するのか)」というキーワードコピーの近い場所に置かなければならない。

 この「答え」が離れて文末にこようものなら、読み手の好奇心が一気に冷めてしまう。


【テクニック3】「Action(行動する)」

「問い」のキャッチコピー、「答え」のボディコピーに誘導できたら、読み手の納得感は格段に高まっている。

 その勢いを殺さぬうちに「行動させる」ことが肝心だ。

 申込ページへクリックしてもらう、電話をかけてもらうことが「行動させる(Action)」だ。


 これら3つのテクニックを電光石火のごとく、1枚絵で見せなければならない。

 そんなことが可能なのだろうか?

 結論から言うと、可能だし、可能でなければ成果は出ない。

 成果を出している好例を紹介しよう。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

バイクをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ