【元芸人だけが知っている】人に嫌われない意外なコツとは?

2024年6月18日(火)6時0分 ダイヤモンドオンライン

【元芸人だけが知っている】人に嫌われない意外なコツとは?

写真を拡大

「圧倒的に面白い」「共感と刺激の連続」「仕組み化がすごい」と話題の『スタートアップ芸人 ── お笑い芸人からニートになった僕が「仲間力」で年商146億円の会社をつくった話』の著者・森武司氏は、2005年の創業以来、18年連続増収増益を達成し、年商146億円となった。ここまで会社を成長させてきた秘密は何か? 本書からより深い学びを得ようと、インタビュー企画を実施。そこでインタビューするのは元芸人であり、FIDIAの不動産事業部を任されている水上雄一氏。今回は水上氏の仕事術や、芸人時代に培ったコミュニケーションの秘訣について話を聞いた。

Photo: Adobe Stock

いい物件を探すより大事なこと

——芸人から整体師を経て、現在は不動産事業に携わっている水上さんですが、いい物件を見つけるために、意識していることはありますか。

水上雄一(以下、水上):僕はいい物件を探すことより、不動産屋さんと仲よくなることを意識しています。まず僕が仕事で扱うのは基本ビル1棟ですが、不動産屋さんは多くの物件を持っていても、その中で本当にいい物件は年間で数件しか出てこない。その物件を誰に渡そうかとなったとき、当然ですが、全然知らない人やどうでもいい人には渡すはずがありません。「あの人とは日頃から仲よくしているから、任せたい」「この人を信頼しているから、きっと契約してくれるだろう」など、いい情報が入ってきたら、ずっと懇意にしている人に渡すと思うんです。いい物件をどれだけ探しても、ほとんどない。ですから、知りあった不動屋さんとどれだけ仲よくできるかのほうが、大事だと思っています。

相手との信頼関係の築き方

——相手と信頼関係を築いていく際のテクニックはありますか?

水上:「友達を見つける」ときと一緒です。まず、僕が絶対この人と仲よくなりたくても、実際、仲よくなれるかはわからない。最初は無理して相手に合わせていても、結局、その場限りの関係になったり、うわべだけの関係になったりします。僕はまず、「この人とは気が合う、仲よくなりそう」と思える人かを大事にしています。たくさん話して、そう思えたら、相手も同じように思っていることが多い。そういう人と関わっていれば、自然と深い関係が築いていけるようになります。ですから、もし信頼関係づくりに悩んでいるなら、いろいろなところに出向き、たくさんの人と会って話すのがいいと思います。

人に好かれるためのテクニック

——芸人目線で、コミュニケーションの秘訣はありますか?

水上:人の話をよく聞くは絶対条件として、いじられキャラというのも大切です。僕自身、実は芸人になったばかりの頃は、人をいじるキャラで上から目線でした。ただ、「あること」がきっかけでいじられることが多くなり、そこからいじられキャラに変わりました。すると、それまで以上に人間関係がうまくいき、自分で言うのもなんですが人に好かれるようになりました。

ここで白状すれば、「あること」とは頭がハゲてきたことです(笑)。ただ、ハゲはきっかけにすぎず、元々がいじられキャラだったんだなと今では思います。

こちらがいじられキャラだと、相手がボケやすく、絡みやすいので、本当に好かれます。きっと相手が緊張しないので、話しやすいのだと思います。

いじられキャラに気づいてなかったり、カッコ悪いと思っている人も多いと思うのですが、一度視点を変えてみると、人生が変わるかもしれません。

最後に、『スタートアップ芸人』には、当社の森社長だけでなく、当社の精鋭役員たちの人間関係のコツが克明に書かれています。今、人間関係や仕事の悩みを抱えている方には大いに参考になるかもしれません。

ダイヤモンドオンライン

「芸人」をもっと詳しく

「芸人」のニュース

「芸人」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ