森永「タニタ食堂の100kcalデザート」 脂肪抑えながら「満足感」あるパンナコッタ発売

6月18日(水)11時0分 J-CASTニュース

カロリー控えたパンナコッタ

写真を拡大

   森永乳業は、健康計測機器メーカー、タニタとコラボレーションした「タニタ食堂の100kcalデザート パンナコッタ」を2014年6月24日に新発売する。



生クリームの代わりに牛乳を使用


   100キロカロリー(1個85グラムあたり)と通常のプリンの3〜5割のカロリーをカットしながらも「おいしさ」と「満足感」を実現。人工甘味料は使用せず、素材の味を活かした"自然な甘さ"に仕上げたという。


   まろやかな味わいのパンナコッタに、甘酸っぱいストロベリーとラズベリーのソースがアクセント。生クリームの代わりに牛乳を使用することで脂肪分を抑えた。9月頃までの期間限定商品。


   近年の健康意識の高まりで、食品業界ではカロリーや脂肪を抑えた「ライト」型商品の開発が盛んになっているが、デザートは、低カロリーと"おいしさ"との両立を図るのが難しいカテゴリーで、「ライト」型商品は、おいしくない、コクがない、といったイメージが強い。森永乳業では、このイメージを払拭しようと、レシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」がベストセラーとなったタニタの協力を得て、11年3月から、"おいしさ"と"満足感"を実現した「タニタ食堂の100kcalデザート」を発売、好評を得ているという。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

タニタをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ