はてな、サーバー監視サービス「Mackerel」に新機能。仮想化技術「コンテナ」に対応した専用監視ツールの提供開始

6月18日(火)15時40分 PR TIMES

株式会社はてな(代表取締役社長:栗栖義臣/本社所在地:京都市中京区)のサーバー監視サービス「Mackerel」は、本日2019年6月18日に新機能「Mackerelコンテナエージェント」をリリースしたことをお知らせします。本機能は、仮想化技術の1つで活用ニーズの高まる「コンテナ」の監視に対応したものです。これにより、コンテナオーケストレーションサービスを使ったコンテナの監視において、特に難しい設定が必要なく簡単に監視を始めることができます。新世代のサーバー監視サービス「Mackerel」では、今後もサービス開発や運用のトレンドに対応した新機能の開発を続けてまいります。

▽ サーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」
https://mackerel.io/

当社が提供する「Mackerel」は、サーバーにおける各種ハードウェアやアプリケーションソフトウェアの性能をリアルタイムに監視することができるSaaS型サーバー監視サービスです。使い易いUIと効率的なAPIによる総合的な監視体験と、より自動化されたインフラ基盤の構築を可能にするなど、その先進性により多くの大手企業からの採用実績を持ちます。
(※ 導入企業例:https://mackerel.io/ja/customers/ )


▽ 仮想化技術「コンテナ」について

従来の「サーバー仮想化技術」(1台の物理サーバーの上に複数の仮想的なサーバーである「仮想サーバー」をつくり実行する技術)に比べて、軽量性、移植性、再現性などの利点を持ち、開発効率の改善や、サービスの可用性向上に貢献する「コンテナ型仮想化」が注目されています。「コンテナ」は、アプリケーションとその動作環境をまとめたものを指します。サービス開発・運用におけるコンテナの活用には、専門的な知識を要することから、複数のコンテナを管理・運用することのできるコンテナオーケストレーションサービスやツールも複数登場しており、Mackerel導入企業のなかでも採用が進んでいます。


▽ 「Mackerelコンテナエージェント」とは
https://mackerel.io/ja/docs/entry/howto/container-agent

「Mackerelコンテナエージェント」は、コンテナ管理をサポートするAmazon Elastic Container Service (Amazon ECS) やKubernetesなどのコンテナオーケストレーションサービス(またはツール)を対象にコンテナ監視を行う、コンテナ専用の監視エージェントです。これにより、コンテナオーケストレーションサービスを活用したコンテナの監視において、特に難しい設定が必要なく、従来のMackerelエージェントと同様に、簡単に監視を始めることができます。


「Mackerel」では、2019年2月に「Mackerelコンテナエージェント」のベータ版を公開(※1)し、このたびの正式リリースに向けた改善に取り組んでまいりました。また2019年5月より、コンテナやクラウドのマネージドサービスでの利用実態を踏まえた新料金制度へ改定しました(※2)。

当社では、今後も「Mackerel」の機能やサービスの進化を通じて、エンジニアが抱えるインフラ環境の複雑性にまつわる様々な課題を解決し、より効率的な開発・運用プロセスへの革新を支援いたします。

※1:https://mackerel.io/ja/blog/entry/weekly/20190218
※2:https://mackerel.io/ja/blog/entry/announcement/20190412

■ 株式会社はてな 概要
https://hatenacorp.jp/
本社:京都府京都市中京区高宮町206 御池ビル9F
東京オフィス:東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F
代表取締役社長:栗栖義臣
設立:2001年7月
事業内容:
登録ユーザー数:約786万人・月間ユニークブラウザ数:約2.38億(※2019年1月実績)のコンテンツプラットフォームサービスを運営。代表的なサービスは国内最大級のソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』や最新鋭のブログサービス『はてなブログ』など。
コンテンツプラットフォームサービスで培われた技術力やユーザーパワーを活かした様々なソリューション&サービスも提供中。オウンドメディア専用CMS『はてなブログMedia』、新世代のSaaS型サーバー監視サービス『Mackerel』ほか。また、おもにコンテンツプラットフォームなどのWebサービスおよびアプリの共同開発事例も多数。


※ 記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。
※ Amazon Elastic Container Service(Amazon ECS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。

PR TIMES

「コンテナ」をもっと詳しく

「コンテナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ