飼い主さま向けのメディア「ワンペディア」「にゃんペディア」をリニューアルしました!

6月19日(月)15時15分 @Press

アイペット損害保険株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役:山村 鉄平、以下「アイペット損保」)では2015年10月より公開している飼い主さま向けのサイト「ワンペディア」、「にゃんペディア」をこの度リニューアルオープンいたしました。

※ワンペディアについては、先行して一部機能をリリース済み。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130736/img_130736_1.png
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/130736/img_130736_2.png
ワンペディア:https://wanpedia.com/
にゃんペディア:https://nyanpedia.com/

●ワンペディア・にゃんペディアについて
ワンペディア・にゃんペディアは、「専門家と飼い主さまをつなげる」をコンセプトに、子犬・子猫の育て方やしつけ方法、注意すべき病気、愛犬・愛猫との生活をより豊かにしてくれる情報や雑学に至るまで、幅広い情報を提供するサイトです。
獣医師やトレーナーなどの専門家たちから収集した「正確な情報」を、子犬・子猫を迎えたばかりの飼い主さまや専門知識を持たない飼い主さまにも分かりやすく、読みやすいようにまとめています。

●リニューアルのポイント
1.分かりやすい検索方法
「子犬・子猫を迎えたばかりの方」と「成犬・成猫と暮らしている方」、「老犬・老猫と暮らしている方」では、求めている情報が全く違います。どの飼い主さまがサイトに訪問されても、ご自身の求めている情報にアクセスしやすい設計に変更しました。

2.飼い主さま目線に立った記事を中心に掲載
より飼い主さまの日常に繋げられるような情報を提供できるようになりました。例えば嘔吐の記事について、従来は嘔吐を引きおこす病気の種類やその治療法だけをまとめておりました。しかし、飼い主さまが一番求めている情報を模索した上で、飼い主さまが本当に知りたいのは考えられる病名や治療法ではなく、具体的な対処法を探しているのではないかという結論に至りました。検索で嘔吐の記事にたどり着いた飼い主さまの状況を考えると、検索をかけているまさにそのとき、愛犬が嘔吐をして対処法を探しているのではないか、と考えたのです。
そこで今回のリニューアルでは、「いつ動物病院に行けばいいのか」ということを中心に編纂しなおし、記事にたどり着いた飼い主さまが本当に求めている情報を記載するようにしています。

●ワンペディア・にゃんペディアの主な監修者について
本サイトの記事は、獣医師やトレーナーなどの専門家監修のもと、執筆しております。

▽ワンペディア
東京大学附属動物医療センター 行動診療科:菊池 亜都子氏
牧の原どうぶつ病院 院長:高田 傑氏

▽にゃんペディア
東京猫医療センター 院長:服部 幸氏
TOKYO CAT SPECIALISTS 院長:山本 宗伸氏

●編集部メンバーについて
編集部は全員、犬・猫の飼い主から構成されています。
「自分たちが飼っているペットはもちろん、世の中の犬・猫たちが幸せに暮らせるようになるために、いま自分たちのできることをしたい」という想いのもと、飼い主さまたちが必要としている情報を集めています。
自分たちが初めて子犬・子猫を迎えたとき、愛犬・愛猫の問題行動に悩まされたとき、大切な家族とのお別れを経験したときなど、そのときの自分がリアルに欲していた情報を飼い主さまに提供できるよう、日々サイト編集を行っています。

この取り組みは社内の愛犬家 ・愛猫家たちへも広まり、新しい記事テーマを検討する際は社内飼い主たちの声も取り入れています。また、サイトには社員の愛犬・愛猫の写真も多数登場しています。
さらに、編集部メンバーには獣医師も在籍しているため、獣医療の知識をベースにした正確な情報を発信することが可能になっております。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

リニューアルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ