歩くだけで「寝たきり」「うつ病」「認知症」予防歩いて延ばそう、健康寿命!ミズノと神奈川県住宅供給公社による活動が始まります

6月19日(月)15時0分 @Press

平成29年6月19日(月)、神奈川県住宅供給公社とミズノ株式会社は、ヴィンテージ・ヴィラをはじめ公社賃貸住宅入居者における高齢世代の運動機能の維持・向上、また、介護を必要としない体づくりを目指していくための連携・協力に関する協定を締結いたしまいた。


■「生涯自立」を目指した「運動」プロジェクトが始動!
神奈川県住宅供給公社では、介護付有料老人ホーム ヴィンテージ・ヴィラの入居者が、“生涯にわたり食事・入浴・排泄に介助を必要としない状態であること”=「生涯自立」をコンセプトに掲げ、それを実現する3つのキーワード「食」「運動」「生きがい」の推進に取組んでいます。
これまでには、「食」への取組みとして神奈川県立保健福祉大学との連携協定を締結し、また、「生きがい」への取組みとしては、入居者130名による“歌とアートの発表会”を開催し、多くの注目を集めてきました。
今回は「運動」への取組みの第一弾として「歩数」と「活動強度」に着目した新しいウォーキングを導入。歩くことにより「寝たきり」「うつ病」「認知症」を予防して入居者の健康寿命を延伸するプロジェクトに着手します。
このプロジェクトは、これまで競技スポーツの振興を111年担ってきたスポーツメーカーであるミズノと連携協定を締結し、15年以上にわたり約5,000人の高齢者を継続調査研究してきた青柳 幸利博士(東京都健康長寿医療センター)の理論を活用して、ヴィンテージ・ヴィラをはじめ公社賃貸住宅入居者における高齢世代の運動機能の維持・向上、また、介護を必要としない体づくりを目指していくものとなります。


●青柳 幸利プロフィール
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所
運動科学研究室長
トロント大学大学院医学系研究科博士課程修了。
群馬県中之条町の65歳以上の全住民約5,000人を対象に、2000年より「高齢者の日常的な身体活動と健康に関する研究(中之条研究)」を継続して行っている。
著書『やってはいけないウォーキング』(ソフトバンク新書)が10万部突破


●ヴィンテージ・ヴィラ
公社は平成2年に、公的住宅機関として全国初となるケア付高齢者住宅「ヴィンテージ・ヴィラ」を開設し、今年で28年目を迎えようとしています。神奈川県内に5施設(横浜、向ヶ丘遊園、洋光台、相模原、横須賀)818戸を展開しており、入居率も95%以上を維持し大変高いご支持をいただいております。「ヴィンテージ・ヴィラ」の特徴は元気なうちにご入居いただく「入居時自立」。公社独自のプログラムで、自立した生活を限りなく延長していただくことを目的としています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

うつ病をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ