JALマイル、ANAマイルを住宅購入で大量ゲット! 不動産売買の仲介手数料をクレジットカードで払えば より多くのマイルが貯まるお得なサービスがスタート

6月19日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン


 JALマイルやANAマイルを貯めている人なら、住宅購入時もマイルを貯めたいもの。


 不動産売買における仲介手数料を、クレジットカード支払いできるサービスを行っているユアーズ・コーポレーションは、2014年11月26日より、不動産売買でJALマイルおよびANAマイルが獲得できるサービスを開始した。


 ANAの場合は、ANAマイレージクラブ(AMC)会員が、ユアーズ・コーポレーションの仲介で不動産物件を購入すると、不動産価格に対して2000円につき1マイル獲得できる。ただし、上限は8万マイルとなっている。


 例えば、5000万円の物件を購入する場合、ANAマイルであれば5000万円÷2000円=2万5000マイルを獲得できる。さらに、仮に仲介手数料を156万円とすれば、「ANAカード」払いにすることで1万5600マイルを獲得。合計で4万600マイルを獲得できる。


 一方、JALの場合、不動産売買の仲介手数料を「JALカード」で支払うと、2倍のマイルが貯まる。たとえば仲介手数料の156万円を「ショッピングマイル・プレミアム」加入の「JALカード」で払うと、3万1200マイルを獲得できる計算だ。


 なお、もしANAマイルを本格的に貯めたいのであれば、一般的な「ANA VISA一般カード」や「ANA JCB一般カード」より、マイル移行手数料の安いソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」が最強だ。さらに「エクストリームカード」を組み合わせることで、通常の買い物でも多くのANAマイルを貯めることが可能となる。くわしくは、こちらの関連記事を参照のこと。

(関連記事⇒ANAカードよりANAマイルが貯まるカードとは? コストと還元率でANAカードを比較するとソラチカカード&エクストリームカードが最強!)

































■ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
還元率 1.5%(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)

発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜)
初年度年会費無料、2年目以降2000円(マイル移行手数料は年2000円)
家族カード
あり(年1000円、税抜)
おすすめポイント
年会費+マイル移行手数料の年間維持費が安く、東京メトロの定期券購入、乗車でもポイントが貯まる!

 同様に、JALマイルを貯めるのであれば、通常の「JALカード」よりも、JALカードTOKYU POINT ClubQ」を選択するのがお得となる。くわしくは、こちらの関連記事を参照のこと。

(関連記事⇒JALカードよりJALマイルが貯まりやすいカードとは? 低コスト&無期限の「リクルートカードプラス」か、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」でJALマイルを貯めよう!)

































JALカード TOKYU POINT ClubQ
還元率 1.5%

※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時

発行元 JALカード
国際ブランド VISA、Master、DC
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
家族カード あり(年会費1000円、税抜)
ポイント付与対象の

電子マネー
WAON、PASMO



 今回は、「ユアーズ・コーポレーションが、不動産売買でJAL、およびANAのマイルが獲得できるサービスを開始した」というニュースを紹介した。一般の人にとって不動産売買は、一生に1度あるかないかの大きな買い物。マイラーであれば、そのチャンスを逃さず、しっかりとマイルを貯めておきたい。

ダイヤモンドオンライン

マイルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ