【ショコラティエ パレドオール】爽やかで彩り豊かな夏のフルーツを自家製チョコレートと共に

2024年6月19日(水)17時16分 PR TIMES

カカオ豆から本格的なチョコレート作りを手掛けるショコラティエ三枝俊介によるチョコレート専門ブランド「ショコラティエ パレドオール」では、2024年7月5日(金)より「トロピカル」をテーマに夏の気分を盛り上げる季節限定商品のパフェとショコラを販売開始いたします。見た目も涼やかな、この夏だけのショコラティエ パレドオールのショコラをご堪能ください。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-d8a88dcdd211ad716f364307ff00adb9-3000x1999.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
【パフェ パレドオール エテ】
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-390402d77f5ddd233769a0e20ab7fdf7-2000x2430.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
みずみずしい桃に、豊潤な香りのマンゴーなど旬のフルーツを爽やかな酸味のヨーグルトと合わせました。
アクセントとして中央に忍ばせたのは、自家製カカオパウダーを加えてカカオ感をより強く感じられるスーパーハイカカオのチョコレートを使用したソルベ。
ジューシーなパイナップルと爽やかな酸味のレモンの氷で、食感や温度の変化も楽しみながら食べ進める、夏ならではのパフェです。

商品名: パフェ パレドオール エテ
税込価格: 3,025円(本体価格 2,750円)
販売期間: 2024年7月5日(金)〜2024年9月5日(木)頃まで
※季節の果物の入荷状況により変更になる場合がございます。
販売場所:ショコラティエ パレドオール東京店・大阪店


【コフレ トロピコ】

夏を感じるトロピカルフルーツや風味が爽やかな食材を使用した季節限定コフレ。

カカオ豆から手掛ける個性豊かな自家製チョコレートを使用し、生搾りレモン果汁の酸味が爽やかなレモンガナッシュと、ザクザク食感のプラリネの組み合わせが心地良いバランスの「レモンガナッシュ×ココナッツプラリネ」や、エクアドル産のカカオ果肉と果汁を使用してガナッシュを作り、白桃ピューレのパートドフリュイと組み合わせた「カカオパルプガナッシュ×桃のパートドフリュイ」など、夏のフルーツを存分に満喫していただけるコレクションに仕上げました。
パートドフリュイのショコラは、冷やして召し上がっていただくのもおすすめです。

*パートドフリュイとはフランスの伝統菓子の一種で、
フルーツ果汁(ピューレ)と砂糖を煮詰め、ペクチンで固めたフルーツゼリーです。
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-a3b965fd38bc81edc86d09aff4fb8c84-1178x784.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
1. レモンガナッシュ×ココナッツプラリネ
2. ココナッツガナッシュ×パイナップルプラリネ
3. マンゴーガナッシュ×マカダミアナッツプラリネ
4. カカオパルプガナッシュ(カカオの果肉の濃縮果汁)×桃のパートドフリュイ
5. ヨーグルトガナッシュ×キウイのパートドフリュイ

商品名: コフレ トロピコ
内容量: 5個
税込価格: 2,970円(本体価格 2,750円)
販売期間: 2024年7月5日(金)〜なくなり次第終了
販売場所:
ショコラティエ パレドオール東京店・銀座店・大阪店
アルチザン パレドオール清里店
ショコラティエ パレドオール ブラン青山店
オンラインショップ(https://palet-dor.ocnk.net/product/271)
自動販売機(パレスタ)大阪・東京でも購入可能。

【ブランド紹介:ショコラティエ パレドオール】
『ショコラティエ パレドオール』は2004年にシェフ 三枝俊介が創設した日本のショコラティエ(チョコレート専門店)です。

「カカオ、チョコレートの本質を深く追求するショコラティエ」
チョコレートの味覚と余韻を追求するために辿り着いたのが、自家製のチョコレート。
ブランドの最大の強みは、カカオ豆から手掛ける唯一無二のオリジナルな味わいです。

カカオ豆の選別、焙煎から全ての工程を手掛け、自家製ビターやミルクチョコレートのみならずホワイトチョコレートも自社製造。それをベースに、板チョコレートやボンボンショコラ、ケーキ、ドリンクなど、カカオとチョコレートで表現できるあらゆる可能性と、他では味わえない味覚を探求しています。
ウイスキーでいえば、様々な種類の原酒を持ち合わせ、その中から作りたいイメージに合わせてブレンドするように、ブランド独自の“チョコレートライブラリー”から選定することで、弊社だけの唯一無二の風味を作り出しています。
特に、市場で手に入るブレンドされた大量生産の既製のチョコレートとは違い、自家製チョコレートだからこその香りや味は、合わせる素材との相性やペアリングをより精度高く引き立てる、ピュアな「カカオ素材」としての力があります。

[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-a80b4c4dfb65bea08628c00c240cb849-1920x1280.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
【店舗について】
現在、東京に3店舗、大阪に1店舗、山梨に1店舗、合計5店舗とオンラインショップを運営しています。
・東京、大阪、銀座店ブティックでは数十種類にも及ぶボンボンショコラや、チョコレートを使ったガトー(ケーキ)などを販売。東京 丸の内店、大阪店にはサロンを併設し、カカオを使ったオリジナルのドリンクやパフェの他、ショコラに合わせて特別にブレンドしたカフェ、自家製カカオパウダーを使ったビーン トゥ ココア(カカオ豆から自社で作るココアドリンク)を提供しています。また、シャンパンやウイスキーとショコラのマリアージュなど、カカオからチョコレートまでの全工程を手掛ける「ショコラティエ パレドオール」ならではのショコラとの様々な楽しみや商品を提案しています。
[画像5: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-d143cf7327b648292c9bdbeeb60c5215-3900x886.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]東京店・大阪店・銀座店
・東京 青山店『ショコラティエ パレドオール ブラン』では、工房内でカカオ豆からカカオバターを搾り、カカオ産地の異なるホワイトチョコレートを作っています。世界に数多くあるBean to Bar店の中でも、カカオ豆からチョコレートまでを一貫して製造することはほとんどありません。自家製のカカオバターを使ったホワイトチョコレートと、その時にできる自家製のカカオパウダーから生み出す焼菓子、ドリンク、ソフトクリーム等、幅広い商品を手掛ける専門店は世界初といえる試み。ほかでは味わえない商品をお楽しみいただけます。



[画像6: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-5b2851ca0d70ab44e86599f1d0b99046-2756x1837.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]青山店
・山梨・清里店『アルチザン パレドオール』では、世界中から選び抜いたカカオ豆を、それぞれの豆に合わせたベストな状態で焙煎し、チョコレートまで仕上げています。ショコラティエが自ら、カカオ豆からチョコレート作りを年産10トン規模で行うBean to Bar工房は世界的にも珍しく、日本でのBean to Barの先駆けとなります。八ヶ岳を望む美しい自然に囲まれた、ヨーロッパの山岳リゾートに似た冷涼な環境は、カカオの保管やチョコレートのエイジングにも最適。40年以上のキャリアをもち、多くのチョコレートを扱い続けてきたシェフ三枝ならではのチョコレート工房です。その工房で生み出されるタブレットは、インターナショナルチョコレートアワードアジア大会やワールド大会、さらにイギリスのアカデミーオブチョコレートでも多数受賞しています。
[画像7: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-a31fb9e9997da68301c8216ad178c9e7-2508x1672.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]清里店

【シェフ 三枝俊介 プロフィール】オーナシェフ/ショコラティエ代表取締役 三枝 俊介 Shunsuke SAEGUSA1956年 大阪府生まれ。大阪の名門ホテル「ホテルプラザ」で洋菓子界の重鎮、故・安井寿一氏に師事。
1996年 フランス・リヨンの巨匠 故モーリス・ベルナシオン氏と出会い、ショコラティエとしての薫陶を受けた後に本格的なショコラ専門店「ショコラティエ パレドオール」を2004年大阪に、2007年東京にオープン。
2014年 カカオ豆からチョコレートまで全工程を自社で一貫して手掛けるBean to Bar(ビーントゥーバー)工房「アルチザン パレドオール 清里」をスタート。
ショコラを極めるために洋菓子等のブランドを全て閉店。
2019年 ホワイトチョコレートのBean to Barブランド「ショコラティエ パレドオール ブラン」を青山にオープン。
2021年4月 「ショコラティエ パレドオールGINZA」を銀座5丁目にオープン。


[画像8: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/14190/90/14190-90-7e30ba91d09e34a43fb903158fee7104-1534x2300.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
【メディア関連】
2010年テレビ東京「ソロモン流」
2011年TBS「バース・デイ」
2014年NHK「きょうの料理」
2018年NHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」
2018年NHK BSプレミアム「スイーツマジック 賞味期限”10分!!」
2019年NHK BSプレミアム「美の壺」
2020年NHK BSプレミアム「スイーツマジック 甘いバカンス!軽井沢&清里」、NHK「プロフェッショナル 特別企画!プロのおうちごはん」に2度出演するなど多数のメディアで紹介。

【店舗情報 詳細】
■ショコラティエ パレドオール
東京店 〒100-6501東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング 1F
/ TEL 03-5293-8877
銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA 1F
/ TEL 03-5962-8787
大阪店 〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 4F
/ TEL 06-6341-8081
*パレスタ(自動販売機)は、ハービスPLAZA ENT B1に設置しています。

■アルチザン パレドオール(清里店)
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545-931 / TEL 0551-48-5381
■ショコラティエ パレドオール ブラン(青山店)
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 青山ツイン東館B1F / TEL 03-3470-0613
*パレスタ(自動販売機)は店舗前に設置しています。

■ショコラティエ パレドオール オンラインショップ
https://palet-dor.ocnk.net https://www.palet-dor.com

PR TIMES

「ショコラティエ」をもっと詳しく

「ショコラティエ」のニュース

「ショコラティエ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ