開業2年目の北海道ボールパークFビレッジ「F VILLAGEとみんなで創る街づくりプロジェクト」始まります

2024年6月19日(水)16時16分 PR TIMES

[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/79562/250/79562-250-83e7d6e94a4693de3233729be35b249c-800x534.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
北海道ボールパークFビレッジは「共同創造空間」を掲げ、2023年3月に開業いたしました。この度、2028年の新駅開業に向けて地域社会とのつながりや地域コミュニティを創出し、地域に開かれた街づくりを目指すため「F VILLAGEとみんなで創る街づくりプロジェクト」を発足いたします。
コミュニティの名称は「Fビレッジと愉快な仲間たち」。Fビレッジではコミュニティに参加する企業団体を募集しています。
「F VILLAGEとみんなで創る街づくりプロジェクト」とは
地域で活動する企業や団体、行政、学校などが一体となり、それぞれが強い熱量とアイデアを持ち寄り、共同創造することで、街に多様な価値観や賑わいを創出し、コミュニティの活性化を図るプロジェクトです。
「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)×STREET」、「食×農×学び」、「関係人口×人材育成」など5つのテーマを掲げ、Fビレッジだけではなく北広島市およびその周辺に活動を広げる予定です。
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/79562/250/79562-250-72435966ee4a8b342505390a1f88fd36-958x276.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
「Fビレッジと愉快な仲間たち」では参加団体、企業を募集しています。問合せは事務局までご連絡ください。
※現在は法人のみの募集となります。任意団体、個人の方へのご案内は詳細が決まり次第、あらためてお知らせいたします
■事務局
株式会社commons fun (連絡先 yukaina@commonsfun.jp)
■現在ご参加の企業、団体一覧
※50音順
石屋製菓株式会社/一般社団法人スポーツ環境デザイン研究所/一般社団法人北海道きたひろ観光協会 企画委員会/株式会社EXコミュニケーションズ/株式会社大林組/株式会社GOOD NEWS/株式会社クボタ(KUBOTA AGRI FRONT)/株式会社commons fun/株式会社ジームテック/株式会社SQUEEZE/株式会社創伸建設/株式会社日本エスコン/株式会社150Fプランニング/株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント/株式会社藤井ビル/ヴィラ ブラマーレ/株式会社北海道医療大学パートナーズ/株式会社ヤッホーブルーイングそらとしば醸造所/株式会社Waisportsジャパン/北広島市/キッズラボ北海道ボールパークFビレッジ認定こども園/社会福祉法人 北ひろしま福祉会/星槎道都大学/大和ハウス工業株式会社/高野ランドスケーププランニング株式会社/日本ハム株式会社/ファナティクス・ジャパン合同会社/北海道医療大学/北海道ルポル株式会社(ルスツ羊蹄ぶた)/有限会社マツカゼ 乗馬倶楽部銀座 HOKKAIDO/酪農学園大学
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/79562/250/79562-250-bc2a5ff23bab1599c516447712d2520a-423x234.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
街づくりアイデアMAP
2023年1月にFビレッジに関わるパートナーを招いた街づくりワークショップを実施し、理想の街づくりのアイデアを絵にしました。
[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/79562/250/79562-250-23bfcb06acff26569260e364b1764772-900x670.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
1.QOL×STREET
暮らしの質を上げる大小様々な仕掛けが、まちなかの道路上や沿道で繰り広げられる。道路を一時占用するイベントから、日常的にカルチャーを生み出す仕掛けまで、エリマネとも連動させながら、道路空間のポテンシャルを引き出すことを目指します。
2.食×農×学び
地元の食を地元で楽しむ。ただ消費するだけではなく、地元の食文化を学び発信する。地元農家や酪農家、飲食店等と連携したファーマーズマーケットなど「育てる、学ぶ、楽しむ」というサイクルの中で資源循環と共感消費の創出を目指します。
3.関係人口×人材育成
「やってみたい」というチャレンジ精神をもとに地域内外、世代間がつながり交流する。チャレンジが生まれる場所には必ず学びがあり、子どもから高齢者まで生涯いつでも挑戦と協働のチャンスが眠っている状態を目指します。
4.周遊×仕組み
街を巡りたくなるような魅力的なスポットが常に「見える化」されており、移動自体もエンターテイメントになる仕組みづくりを目指します。また、他チームの取組の最新情報を常に把握し、全体の情報発信、アーカイブ、プロモーションを担います。
5.Well-being
心も体も健康に生きる。学生による健康相談、動物など「よく生きる」ための仕掛けが街中にあり、幸福度の高い暮らしに憧れる幅広い層に選ばれる街になることを目指します。
Fビレッジのさまざまなコミュニティづくり
■ランニングを通じたコミュニティ形成
次回イベントは、「モーニング&パンin Fビレッジ」
開催概要:7月6日(土)8時15分〜11時 定員40名 ※要事前予約
https://www.hkdballpark.com/community/run/
[画像5: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/79562/250/79562-250-c645740a6aa9374fa76fa708092c3e11-441x233.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
■Fビレッジガーデン サポーター
https://www.hkdballpark.com/news/384/

[画像6: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/79562/250/79562-250-9c519023cf44687d0b2a1fbac5fea6dc-441x294.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
※今年の募集は終了しています

PR TIMES

「北海道」をもっと詳しく

タグ

「北海道」のニュース

「北海道」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ