【パラスパレス】なくしたくない日本のものづくり、マンガン絣のシャツ

2024年6月19日(水)11時46分 PR TIMES

日本の産地と手を組み服作りをしているPAL’LAS PALACE(パラスパレス)では、新潟県見附市のマンガン染の技術を用いたシャツを販売。
今年は、5月に紺地の「昼咲月見草柄」、6月に白地の「夏霞柄」を発売しました。暑い季節にさらりとした風合いの、リネンコットン素材です。8分袖のシャツは、夏の羽織りとしても着られます。和服から生まれた世界にここだけの染め絣、日本の夏の風情になじむ装いはいかがでしょう。

[画像1: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-78496ddf91d03048071e-0.jpg ]

【マンガン絣】
マンガン(鉱物)で染めた糸で反物を織り、プリントで酸化と還元を用い、柄をあらわします。大正時代に新潟県見附市で開発されました。
時代とともに和装の需要が減り、マンガン染めができる工場は、現在は日本で一軒のみ。最後の一軒になってから30年が経つ、日本の貴重な技術のひとつです。

マンガン染めの詳細についてはこちら:https://note.com/pallaspalace/n/n12cb2d62e4c8
[画像2: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-ab4f51fdaa4658e31b30-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-04fac6937edaf738f3eb-1.jpg ]

【生地の特徴】
織りの段階で、マンガン染糸とマンガン染めではない糸を交互に配すことで、伝統的な絣の特徴を表現しています。プリントの工程では、糊づけ後におがくずをまぶす作業など、通常のプリントとは一線を画す手法がとられ、その仕上がりは均一的なプリントとは異なる、特殊な染色ならではの味とも言えるムラがあります。また、糸の太細による凸凹とした表情も見て取れます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-3dc726ec7e26afa4081b-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-22f2e089f4dad178f620-7.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-e5d7a2b7e88cbb481d1f-5.jpg ]


商品名:リネンコットン絣夏霞柄スタンド襟シャツ
品番:FSH24229B
カラー:オフホワイト
サイズ:2、3
素材:麻52% 綿48%
販売価格:税込30,800円
オンラインストアURL :https://www.pallaspalace.jp/SHOP/FSH24229B.html


[画像7: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-71f7f3649c8c66f1ca4c-6.jpg ]


商品名:リネンコットン絣昼咲月見草柄ショート袖ワンピース
品番:FOP24195B
カラー:ネイビー
サイズ:2、3
素材:麻52% 綿48%
販売価格:税込41,800円
オンラインストアURL :https://www.pallaspalace.jp/SHOP/FOP24195B.html






販売先について
PAL’LAS PALACE 全国44店舗・オンラインストア:https://www.pallaspalace.jp/

[画像8: https://prtimes.jp/i/144321/1/resize/d144321-1-c55d42600844b22bb525-7.png ]

パラスパレスは1998年に滋賀県にてスタートした日本のブランド。「人の手が作り出す繊細で柔らかな味わいを大切に、心と体をやさしくつつむモノづくり」をコンセプトに、ファッションを通じて日本の美を大切にすることを目指しています。糸や生地からデザインし、日本製をメインに、着心地、シルエットにこだわった商品を展開しています。
https://pallaspalace.myportfolio.com/

PR TIMES

「日本」をもっと詳しく

「日本」のニュース

「日本」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ