BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

琉球インタラクティブ、沖縄の新たな交通広告「デジタルアドビジョン」を展開

@Press6月20日(火)11時0分
画像:琉球インタラクティブ、沖縄の新たな交通広告「デジタルアドビジョン」を展開
写真を拡大
画像:琉球インタラクティブ、沖縄の新たな交通広告「デジタルアドビジョン」を展開
写真を拡大
沖縄発のインターネットベンチャーである琉球インタラクティブ株式会社(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役社長:臼井 隆秀、以下「琉球インタラクティブ」)は、沖縄の新たな交通広告「デジタルアドビジョン」の展開をスタート。大型モニターと冊子ラックが一体になったデジタルサイネージをゆいレール主要駅に導入し、各種広告の取り扱いを本日2017年6月20日(火)より開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/130861/LL_img_130861_1.jpg
デジタルアドビジョン_バナー


デジタルアドビジョンは、65インチ出力モニターとA4サイズの冊子ラックが一体になったデジタルサイネージです。モニター内では広告コンテンツを中心に、現在時刻や天気予報、ゆいレールの発車案内など、利用者・事業者の双方に利便性が高い情報を配信しています。

サイネージは、利用者が比較的多く増加傾向にある「那覇空港駅」、「旭橋駅」、「県庁前駅」、「おもろまち駅」各駅構内の改札口付近に設置。観光客だけではなく、通勤・通学・買い物など1日20,000人以上*になる、ゆいレールを日常的に利用する幅広い年代のターゲット層に対し、利用シーズンや状況に応じた的確なプロモーション・マーケティングを可能にします。

*1日平均利用者4駅合計:21,522人(平成29年度駅別乗車数より算出)

琉球インタラクティブは今後も導入駅の拡充を目指すとともに、ゆいレール利用者にとって価値のあるコンテンツを多数配信し、沖縄の新たな広告形態としての確立を図ります。

デジタルアドビジョンについて詳細は、以下のページをご覧ください。
https://dav.ryukyu-i.co.jp/


■デジタルアドビジョンの概要
モニター:65インチ出力モニター
ラック :A4サイズ、正面20枠
設置駅 :那覇空港駅、旭橋駅、県庁前駅、おもろまち駅
料金 :120,000円(税抜)/月〜
枠数 :最大40枠
配信時間:6:00〜23:30


■デジタルアドビジョンの設置イメージ(写真:おもろまち駅)
https://www.atpress.ne.jp/releases/130861/img_130861_2.jpg


■琉球インタラクティブについて
琉球インタラクティブ株式会社は、沖縄発のインターネットベンチャー企業です。「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げ、マーケティング、クリエイティブ、テクノロジーの3つの強みを活かすことで、インターネットサービス事業や次世代人材育成事業をはじめ、積極的に新規事業を創造し、幅広い分野で事業展開を行っています。

代表取締役社長: 臼井 隆秀
所在地 : 沖縄県宜野湾市大山3丁目11-32
設立年月日 : 2009年2月5日
URL : https://www.ryukyu-i.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「沖縄」をもっと詳しく

注目ニュース
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]
政府の準天頂衛星が導く未来 期待広がる新ビジネスとは J-CASTニュース6月25日(日)16時0分
日本版GPS(全地球測位システム)のへの期待が膨らんでいる。政府の準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げが2017年6月1日に成功、同年中…[ 記事全文 ]
君は調査兵団になれるか!「第1回 進撃の巨人検定〜調査兵団入団テスト〜」「検定、受け付けてます」サイトにて申込受付スタート! ドリームニュース6月23日(金)14時30分
日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰、略称:日販)は、幅広い読者から絶大な人気を誇る大ヒットコミック「進撃の…[ 記事全文 ]
「オリーブオイル」の新商品続々 単一畑×単一種やコンテスト12冠、生食用など MONEYzine6月25日(日)8時0分
ヘルシーライフに欠かせない「オリーブオイル」。単一畑×単一種にこだわった商品や、コンテスト受賞作、フレーバー豊かな生食用といった商品が登場…[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア