BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ハネウェル、産業向けサイバーセキュリティソフトウェアのNextnine社を取得

@Press6月20日(火)12時0分
2017年6月20日 — ハネウェル(NYSE:HON、日本法人ハネウェルジャパン株式会社/東京都港区/代表取締役社長 エリック・ワグナー)は6月12日(米国東部時間)に、産業向けサイバーセキュリティに特化したセキュリティ管理ソリューションおよび技術を提供する非公開会社であるNextnine(ネクストナイン)社の取得について、合意契約に署名したことを発表します。Nextnine社の持つトップクラスのセキュリティソリューションや安全に遠隔サービスを可能にする技術を加えることで、ハネウェルは既存の革新的なサイバーセキュリティ技術を強化し、またハネウェルの『つながる工場』に向けた「コネクテッド・プラント」製品サービス群の一部であるサイバーセキュリティ関連の顧客ベースを大幅に拡大します。

Nextnine社の主要技術であるICS Shieldは、産業施設をサイバー攻撃から守り、また設備の遠隔監視を可能にするものです。ハネウェルは既に世界の石油&ガス、化学、鉱山および製造施設6,200拠点にて採用されている独自のサイバーセキュリティ製品・ソリューションにNextnine社の技術を組み入れ、ラインアップを強化していきます。以前はICS Shieldの導入は制御システムメーカー毎に行う必要があり、1つの拠点に複数のICS Shieldが別々に導入されることがありました。この度の事業取得によって、今後はハネウェルの実績あるマルチベンダーに対応したソリューションとして、1つのシステムで施設全体のセキュリティ管理が可能になり、よってシステムのシンプル化やセキュリティ性の向上に寄与します。

1998年に設立されたNextnine社は、設立以来今日までInfinity VC(インフィニティ・ベンチャーズ ベンチャーキャピタルファンド)、XT Hi-Techなどの有力ベンチャーキャピタルの投資先企業です。

ハネウェル・プロセス・ソリューションズ(HPS)、プレジデントのヴィマル・カプールは、「産業施設や基幹インフラを標的にしたサイバー攻撃は世界中で日々その数が増大しています。この度の事業取得は、お客様に包括的なサイバーセキュリティソリューションを提供することで産業制御システムやプロセス制御ネットワークを保護し、守っていくという当社の継続的な強い取り組みを示すものです。今後は、ハネウェルの世界中での幅広い展開網を活用し、Nextnineの製品やサービスをより多くのお客様にご利用いただけるようになります。」とコメントしました。

Nextnine社のセキュリティソリューションは、「ハネウェル・コネクテッド・プラント」を強化する重要な技術となります。「ハネウェル・コネクテッド・プラント」は、ハネウェルの比類ない産業分野での実績と、ソフトウェアおよびデジタル技術を組み合わせることで実現する『つながる工場』に向けたプログラムで、お客様のプラント操業の信頼性、収益性とセキュリティ性をこれまでにないレベルに向上する製品・サービス群で、サイバーセキュリティはこの主要要素の一つです。

ハネウェルは、業界最大クラスの産業向けサイバーセキュリティに関する研究能力を有しており、今後も産業向けサイバーセキュリティ製品やサービスを展開してまいります。代表的なソリューションには、業界初の積極的に産業サイバーセキュリティリスクを監視、評価し管理する「リスクマネージャー」や、USBフラッシュドライブなどの着脱可能な記録媒体に関連する脅威からプラントを保護する「セキュア・メディア・エクスチェンジ(SMX)」があります。


ハネウェル・プロセス・ソリューションズ(HPS、 www.honeywellprocess.com )は、業界のパイオニアとして石油&ガス、石油精製、パルプ&紙、産業用発電、化学および石油化学、バイオ燃料、ライフサイエンス、金属、鉱業の諸産業に向けオートメーションコントロール、計装とサービスを提供しています。HPSは、ハネウェルのパフォーマンス・マテリアルズ・アンド・テクノロジーズ(PMT)戦略事業部に属しています。また、PMTに属するハネウェルUOP( www.uop.com )は、世界の石油精製、石油化学、ガス処理産業に向けプロセス技術、触媒、吸着剤、機器のライセンス・製品およびコンサルティングサービスを提供しています。

ハネウェル( www.honeywell.com )は、フォーチュン(Fortune)100社にノミネートされた、テクノロジーおよび製造分野におけるトップレベルの複合企業であり、航空宇宙・自動車分野の製品およびサービス、ビル・住宅・産業向け制御テクノロジー、ターボチャージャー、パフォーマンスマテリアルズなどを世界中のお客様に提供しています。当社は、テクノロジーの力で航空機から車両、家庭からビル、工場から物流、そして作業者まで、あらゆるものを「つなぎ」、よりスマートで、より安全で、より持続可能な世界を目指します。ニュースや詳しい情報は、 www.honeywell.com /newsroomをご覧ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「セキュリティ」をもっと詳しく

注目ニュース
晩婚晩産家計苦しめる年50万「ママ友費」 プレジデント社6月25日(日)11時15分
夫の小遣いは月1万5000円でおつりがくる。一方、専業主婦の妻関連の出費は“青天井”。[ 記事全文 ]
政府の準天頂衛星が導く未来 期待広がる新ビジネスとは J-CASTニュース6月25日(日)16時0分
日本版GPS(全地球測位システム)のへの期待が膨らんでいる。政府の準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げが2017年6月1日に成功、同年中…[ 記事全文 ]
君は調査兵団になれるか!「第1回 進撃の巨人検定〜調査兵団入団テスト〜」「検定、受け付けてます」サイトにて申込受付スタート! ドリームニュース6月23日(金)14時30分
日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰、略称:日販)は、幅広い読者から絶大な人気を誇る大ヒットコミック「進撃の…[ 記事全文 ]
「オリーブオイル」の新商品続々 単一畑×単一種やコンテスト12冠、生食用など MONEYzine6月25日(日)8時0分
ヘルシーライフに欠かせない「オリーブオイル」。単一畑×単一種にこだわった商品や、コンテスト受賞作、フレーバー豊かな生食用といった商品が登場…[ 記事全文 ]
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア