元祖クロナッツの進出で表参道が新たな食の聖地に

6月20日(土)9時0分 ダイヤモンドオンライン

表参道に海外初進出した「DOMINIQUE ANSEL BAKERY」Photo:DOL

写真を拡大


「びっくりするほど繁盛しているペイストリーショップがあるのでぜひ行ってみてください」


ニューヨークのアパレル会社の社長にそう言われて、昨年の2月に行った時には行列で入ることができず、10月の訪米時にようやく入店することができた店があります。


 それが、ペイストリーショップ「DOMINIQUE ANSEL BAKERY (ドミニク アンセル ベーカリー)」。行列ができにくいことで知られるNYで毎朝、長蛇の列ができる人気店です。


 その行列店の日本1号店がついに本日6月20日(土)、表参道にオープンします。2015年最大の黒船とも呼ばれる同店は、何がそれほどまでの人気につながっているのか。その秘密は、シェフの“お客様に喜んでほしい”という純粋な気持ちからくる革新的な商品開発にありました。商売の原点を追求する同店から、繁盛店になるためのコツを学びましょう。


画期的な商品開発で有名店に成長


 NYで人気が出た一番の理由は、クロワッサンの食感をドーナッツで楽しめるようにした革新的な商品「クロナッツ」の存在です。日本でも2014年には類似商品が様々な企業から販売され、一躍大ヒットアイテムとなりました。


 タイム誌が「2013年の最もすぐれた発明品 25」の一つとして指定するほどの斬新さで、「食業界のスティーブ・ジョブズ」と評する人もいるほどです。さらに、クロナッツのフレーバーは毎月1種類のみで、2度と同じフレーバーを提供することはない点が希少性を持ち、人気が途絶えない理由となっています。


「100店舗つまらないお店を出すよりも1店舗、素晴らしいお店を作りたい」と語るパティシエのドミニク・アンセル氏は、パリの老舗ペイストリー「フォション」や、ニューヨークのミシュラン3つ星レストラン「ダニエル」で、エグゼクティブペイストリーシェフを務め、2009年には業界誌で「全米トップ・ペイストリー・シェフ10人」に選出されました。独立してNYに「ドミニク アンセル ベーカリー」をオープンさせた以降も、さまざまな賞を受賞し、2014年7月には世界最大手のキュレーションサイトで、「死ぬまでに行きたい世界のベーカリー25」にも選ばれています。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

クロナッツをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ