BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

中小企業の夏ボーナス、26%が「増額予定」 - 業種別の傾向は?

マイナビニュース6月20日(火)16時16分
画像:中小企業の夏ボーナス、26%が「増額予定」 - 業種別の傾向は?
写真を拡大
エン・ジャパンは6月20日、中小企業を対象とした「夏季賞与」に関する調査結果を発表した。調査期間は4月26日〜5月30日、有効回答は従業員300人以下の中小企業398社。

○昨年と「変わらない」は63%

2017年に夏季賞与を支給予定の企業は82%。昨年と比べて支給額に変動があるか尋ねたところ、「変わらない」が63%、「増額予定」が26%、「減額予定」が10%となった。

増額予定の企業を業種別にみると、「流通・小売り関連」が50%と最も多く、以下、「商社」と「その他」が同率の31%、「サービス関連」が29%、「IT・情報処理・インターネット関連」が24%と続いた。

夏季賞与の増額幅は、約半数の47%が「5%未満(計)」と回答。増額理由は、「業績が好調」が74%、「社員の意欲向上」が49%、「離職・退職の予防」が14%と続き、政府が推進している「消費税増税、物価上昇への対応」を理由に賞与増額を検討している企業は1%に満たなかった。

夏季賞与の減額幅は、「5%未満(計)」が45%を占めた。減額理由は、「業績不振」が65%と断トツに多く、次いで「経営体質強化に向けた人件費圧縮」が29%、「その他」が13%、「給与と賞与の配分見直し」が10%となった。

企業からは、「売り手市場のため他社の賞与算出方法が気になる。モチベーションが上がる基準はどういった感じなのか?」(サービス関連、1〜10人)、「現在当社の売り上げ不振が続いている中、今後の見通しがなかなかつかない状況であるため、賞与の減額は避けられそうにはない。下がることによる従業員の仕事へのやる気低下や将来への不安感を抱くことが考えられ、それらが退職にもつながる可能性がある」(その他、31〜50人)などの声が寄せられた。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「企業」をもっと詳しく

注目ニュース
SUBARUとマツダ 台数追わず「存在感」高める戦いの行方 NEWSポストセブン8月16日(水)7時0分
自動車産業では今、トップランナーが年間生産台数1000万台レベルでしのぎを削るほどに規模の追求が進んでいる。[ 記事全文 ]
ドンキホーテHD、28期連続の増収増益 TBS8月16日(水)17時35分
ディスカウントストアなどを運営するドンキホーテホールディングスは今年6月期の通期の連結決算で、28期連続の増収増益を達成しました。[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
"残業するヤツが偉い"と信じた50代の末路 プレジデント社8月15日(火)9時15分
これからのキャリア形成では、なにが正解なのか。マーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚さんは「『あなたという商品』の価値を高める方法を考え…[ 記事全文 ]
「いきなり!ステーキ」東証1部昇格 TBS8月15日(火)13時31分
ステーキチェーンの「いきなり!ステーキ」などを展開する「ペッパーフードサービス」が東京証券取引所の第1部に昇格しました。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア