BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

中小企業の夏ボーナス、26%が「増額予定」 - 業種別の傾向は?

マイナビニュース6月20日(火)16時16分
画像:中小企業の夏ボーナス、26%が「増額予定」 - 業種別の傾向は?
写真を拡大
エン・ジャパンは6月20日、中小企業を対象とした「夏季賞与」に関する調査結果を発表した。調査期間は4月26日〜5月30日、有効回答は従業員300人以下の中小企業398社。

○昨年と「変わらない」は63%

2017年に夏季賞与を支給予定の企業は82%。昨年と比べて支給額に変動があるか尋ねたところ、「変わらない」が63%、「増額予定」が26%、「減額予定」が10%となった。

増額予定の企業を業種別にみると、「流通・小売り関連」が50%と最も多く、以下、「商社」と「その他」が同率の31%、「サービス関連」が29%、「IT・情報処理・インターネット関連」が24%と続いた。

夏季賞与の増額幅は、約半数の47%が「5%未満(計)」と回答。増額理由は、「業績が好調」が74%、「社員の意欲向上」が49%、「離職・退職の予防」が14%と続き、政府が推進している「消費税増税、物価上昇への対応」を理由に賞与増額を検討している企業は1%に満たなかった。

夏季賞与の減額幅は、「5%未満(計)」が45%を占めた。減額理由は、「業績不振」が65%と断トツに多く、次いで「経営体質強化に向けた人件費圧縮」が29%、「その他」が13%、「給与と賞与の配分見直し」が10%となった。

企業からは、「売り手市場のため他社の賞与算出方法が気になる。モチベーションが上がる基準はどういった感じなのか?」(サービス関連、1〜10人)、「現在当社の売り上げ不振が続いている中、今後の見通しがなかなかつかない状況であるため、賞与の減額は避けられそうにはない。下がることによる従業員の仕事へのやる気低下や将来への不安感を抱くことが考えられ、それらが退職にもつながる可能性がある」(その他、31〜50人)などの声が寄せられた。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か 読売新聞6月23日(金)23時37分
三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。益子(ますこ)修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。[ 記事全文 ]
君は調査兵団になれるか!「第1回 進撃の巨人検定〜調査兵団入団テスト〜」「検定、受け付けてます」サイトにて申込受付スタート! ドリームニュース6月23日(金)14時30分
日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林彰、略称:日販)は、幅広い読者から絶大な人気を誇る大ヒットコミック「進撃の…[ 記事全文 ]
日産、SUVに初のPHV…三菱自の技術活用 読売新聞6月23日(金)9時1分
日産自動車は、家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を、2019年にも発売する方針を固めた。16年10月に傘下に収めた三菱自動車の技術を活用し、人気が高いスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」の全面改良に合わせ、日産では初となるPHVを投入する計画だ。[ 記事全文 ]
タワマン住民が抱く劣等感と寿命の"相関" プレジデント社6月22日(木)9時15分
収入が高い人は都心部のタワーマンションなど、とかく高地価の“一等地”に住みたがる。しかし、その選択は自らの寿命を短くしてしまう可能性もある。[ 記事全文 ]
読売が「恥の上塗り」前川会見での珍質問 プレジデント社6月12日(月)9時15分
森友学園と加計学園の「もりかけ疑惑」が正念場を迎えている。加計学園の獣医学部新設について「官邸の最高レベルがいっている」と書かれた「怪文書…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア