BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【ポイントサービスに関するアンケート調査】

PR TIMES6月20日(火)10時37分
画像:【ポイントサービスに関するアンケート調査】
写真を拡大
画像:【ポイントサービスに関するアンケート調査】
写真を拡大
直近1年間の共通ポイントサービス利用者は9割。「Tポイント」「楽天スーパーポイント」が6〜7割、「Pontaポイント」が5割弱、「WAON POINT」「nanacoポイント」が3割強

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、5回目となる『ポイントサービス』に関するインターネット調査を2017年5月1日〜5日に実施し、10,857件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=22609

━━<< TOPICS >>━━━━━━━━━━━━━━━
■直近1年間にポイントサービスを利用した店舗・施設は「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」が各50%台、「クレジットカード」「家電量販店」「オンラインショップ」が各4割
■直近1年間の共通ポイントサービス利用者は9割。「Tポイント」「楽天スーパーポイント」が6〜7割、「Pontaポイント」が5割弱、「WAON POINT」「nanacoポイント」が各3割強
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ポイントサービスを利用している店舗・施設
直近1年間にポイントサービスを利用した店舗・施設は、「スーパーマーケット」「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」が各50%台、「クレジットカード」「家電量販店」「オンラインショップ」が各4割で上位にあがっています。男性や女性10・20代では、「コンビニエンスストア」が1位です。「ドラッグストア」は女性30代、「スーパーマーケット」は女性40代以上で1位にあがっており、いずれも女性高年代層で比率が高くなっています。10代や男性20代では、「直近1年間にポイントサービスは利用しない」が1割強で他の層より高くなっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7815/477/resize/d7815-477-268472-0.jpg ]



◆直近1年間ポイントを使ったことがある店舗・施設
直近1年間のポイントサービス利用者が、ポイントを使ったり交換したりしたことがある店舗・施設は、「スーパーマーケット」が38.9%で最も多く、「コンビニエンスストア」「ドラッグストア」「オンラインショップ」「クレジットカード」「家電量販店」が2〜3割で上位にあがっています。


◆ポイントサービスの利用個数
継続的に利用しているポイントサービスの個数を聞いたところ、「3〜4個」が38.6%、「1〜2個」「5〜7個」が各2割となっています。『5個以上』は、男性20代以上では2〜3割、女性20代以上では4〜5割です。10代や男性20代では、「継続的に利用しているポイントサービスはない」が2割弱と他の層より高くなっています。


◆ポイントサービスに関する行動
ポイントサービスの利用に関してあてはまるものを選んでもらったところ、「なるべくポイントサービスの取り扱い店を選んで利用・購入する」が53.2%、「ポイントがたまる支払い方法を選ぶ」が34.6%となっています。


◆共通ポイントサービスの利用状況
直近1年間にポイントをためたり使ったりした共通ポイントサービスがある人は9割です。「Tポイント」「楽天スーパーポイント」が6〜7割、「Pontaポイント」が5割弱、「WAON POINT」「nanacoポイント」が各3割強です。10・20代では、「Pontaポイント」の比率が「楽天スーパーポイント」より高くなっています。また、「nanacoポイント」は、北海道・東北・関東で他の地域よりやや高くなっています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/7815/477/resize/d7815-477-724042-1.jpg ]



◆共通ポイントサービスのポイントの貯め方
直近1年間共通ポイントサービス利用者が、ポイントを貯めた方法は、「店頭で、ポイントが貯まるカードを提示」が71.2%、「オンラインショッピングでの購入時」が41.7%です。


──<< 回答者のコメント >>──────────
◆共通ポイントサービス利用時の不満 (全3,660件)
・ポイントがどれくらいたまる買い物なのかわかりづらいことがある。(男性22歳)
・同じポイントサービスでもお店によって200円で1ポイント・100円で1ポイントや税抜き計算・税込計算など条件が違う点。(男性33歳)
・ポイント欲しさに無駄をしているような気がする。(男性48歳)
・どことどこが提携しているのかがわからないため利用する機会が少ない提携の場合、別途カードなどを提示するのが煩わしい。(男性55歳)
・1つのお店でポイントをつけれるカードが複数存在すること。(女性19歳)
・利用できるお店がたくさんありすぎて、覚えられない。店員さんに言われて使える(貯められる)ことを知っても、持ってきてなくて提示出来ない時がある。(女性33歳)
・モバイルカードが対応していない店があること。(女性41歳楽)
・ポイントを500点、または100点以上貯めないと使用できず期限が切れるポイントサービスがあり意味がないと思い、1点から自由に使用できればと思います。(女性51歳)


──<< 調査結果 >>──────────────
<第5回>(2017/5) https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=22609
<第4回>(2015/5) https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=20209
<第3回>(2013/5) https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=17811
─────────────────────────
★マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています。
貴方もモニターになって、アンケートに参加しませんか?
(詳細はこちら)https://www.myvoice.co.jp/voice/campaign.html

<調査結果に関するお問合せ>
マイボイスコム株式会社
(TEL)03-5217-1911 /(MAIL)otoiawase@myvoice.co.jp

<会社概要>
【会社名】 マイボイスコム株式会社
【代表者】 代表取締役 高井和久
【設 立】 1999年7月
【資本金】 1億7,800万円
【所在地】 東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
【企業HP】 https://www.myvoice.co.jp/


(これまでの自主調査一覧)
https://myel.myvoice.jp/products/list_all.php
(アンケートデータベース)
https://myel.myvoice.jp/
(モニターページ)
https://www.myvoice.co.jp/voice/

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「調査」をもっと詳しく

注目ニュース
ひきこもり長男"4千万相続"で妹の"悶々" プレジデント社8月20日(日)11時15分
37歳の長男はひきこもり。将来が心配だが、持ち家があり、両親は4300万円分の現金と株を相続させるつもりだった。[ 記事全文 ]
バイク販売低迷、ピークの1割…原付き振るわず 読売新聞8月20日(日)11時38分
国内バイク市場の低迷が続いている。手頃な価格の軽自動車や電動アシスト自転車が人気となり、身近な移動手段だった原付きバイクの販売が振るわないためだ。二輪車大手は利幅の大きい中・大型に力を入れるなどして打開したい考えだが、若者のさらなるバイク離れを招く恐れもあり、難しい対応を迫られている。[ 記事全文 ]
年収150万円が普通に?2030年の社会はこうなる? All About8月18日(金)21時40分
日本はどうなるの?未来予測を書いてみます今後数年で、経済格差はますます拡大すると思われます。そこで、ちょっとした未来予測をしてみました。[ 記事全文 ]
苦戦強いられる流通業界でなぜドン・キホーテだけ堅調なのか NEWSポストセブン8月20日(日)7時0分
“驚安の殿堂”をうたうディスカウントストア(DS)、ドン・キホーテ(以下、ドンキ)が好調だ。[ 記事全文 ]
東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で—主力行は断行求める 時事通信8月19日(土)15時32分
東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア