BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

求人広告に頼らず人材採用ができる新常識!日本の中小企業へ「ちょくルート」を全国展開

PR TIMES6月20日(火)12時57分
画像:求人広告に頼らず人材採用ができる新常識!日本の中小企業へ「ちょくルート」を全国展開
写真を拡大
画像:求人広告に頼らず人材採用ができる新常識!日本の中小企業へ「ちょくルート」を全国展開
写真を拡大
画像:求人広告に頼らず人材採用ができる新常識!日本の中小企業へ「ちょくルート」を全国展開
写真を拡大
画像:求人広告に頼らず人材採用ができる新常識!日本の中小企業へ「ちょくルート」を全国展開
写真を拡大
画像:求人広告に頼らず人材採用ができる新常識!日本の中小企業へ「ちょくルート」を全国展開
写真を拡大
 採用コンサルティング事業を手掛ける株式会社アドヴァンテージ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中野 尚範)は、大手求人広告媒体に頼らない、自社サイトでの採用支援事業「ちょくルート」のサービス開始をいたしました。この「ちょくルート」事業への参入希望事業者をちょくルートパートナーとして、全国での募集を開始致します。※当社では「自社採用サイトとそのプロモーション活動で採用する仕組み」を「ちょくルート」と定義しており、企業が広告に頼らず自社採用サイトから「直(ちょく)」で採用できる「道(ルート)」を作る市場を開拓致します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15929/4/resize/d15929-4-216362-9.jpg ]

■ちょくルートとは
 大手求人広告だけに頼らず、自社採用サイトとその集客プロモーションで応募者を集め、自社で採用する仕組みです。現在、WEBマーケティング会社がサイトのプロモーション領域で部分競合となることや、求人代理店が採用サイト構築の領域で部分競合となることもありますが、【採用×WEBプロモーション】に特化した事業とドメインを切ると、強者は見当たらない状況です。
 その為、私たちは、【ちょくルート】という市場そのものの創造に着目・行動を進めています。
今回、私たちは自社の直営だけでなく、独自のチェーンシステム(ちょくルートパートナーシステム)を活用し、日本全国にネットワークを作る意思決定をしました。

■なぜ自社採用サイトが必要なのか?
 全国求人協会によると、平成27年〜平成28年の1年間に掲載される求人広告掲載数が約163万件増加しており、求人広告で採用できる会社とそうでない会社が明確に表れるようになってきました。
 中小企業庁の「中小企業・小規模事業者の人材確保と育成に関する調査」では、人材が確保できている企業とそうでない企業の特徴で、一番差分が大きかった項目「人材確保のためのノウハウ・手段」(19.3%ポイント)や「労働条件」(15.7%ポイント)、「賃金」(15.3%ポイント)が高い数値を示しています。「人材が確保できている企業」と「人材が確保できていない企業」の違いには、労働条件や賃金に加え、採用力の強みに違いがあることが分かりました。つまり、企業の採用が求人媒体頼りとなっていることで、応募者確保や採用までのノウハウが蓄積されていない企業が採用に苦しんでいます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/15929/4/resize/d15929-4-250921-1.jpg ]


 採用ができるまで媒体費を捻出し続けるのは、求人広告媒体に依存をしているということです。求人広告媒体社側が値上げをすれば、それに応じなければなりません。価格コントロールの主導権を取り戻すことでかかりすぎていた求人広告コストを、社員教育等へ投資ができるからこそ、自社で採用できる仕組みを構築することが今後ますます必要になっていきます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/15929/4/resize/d15929-4-478059-8.jpg ]

“自社採用サイトを活用する企業”
優秀な人材をあらゆる方面から確保するために、
自社で採用する仕組みを構築している企業が増えています。
◇自社サイト参考例
イオンモール常滑(https://tokoname.mallkyujin.jp/)
株式会社モトヤ(https://www.m-job-navi.com/)
大光ビルサービス株式会社(https://dbs-recruit.com/cleanstaff/)


■自社採用サイトの市場について
 当社では、平成17年より約1000社の採用サイト構築、プロモーションのご支援をし、現在自社採用サイト経由での採用割合は約30〜40%です。(弊社クライアント様実績より)
日本国内における求人広告市場は約一兆円規模となりますが、そのうちの30〜40%は自社サイトでの採用へ変化していくと、私たちは確信しています。売り手市場に始まり、ターゲット層からの応募という人材採用の難易度を痛感する中小企業が全国で増えてきているからこそ、自社採用サイトの必要性は高まると見込まれています。

■ちょくルートとパートナーのしくみ

[画像4: https://prtimes.jp/i/15929/4/resize/d15929-4-640897-3.jpg ]


■初年度100社のパートナーを目指す

 ちょくルートは、大手求人ナビだけに頼らない、自社採用サイトで人材
[画像5: https://prtimes.jp/i/15929/4/resize/d15929-4-573216-4.jpg ]

採用できる仕組みの構築支援です。初年度はちょくルートパートナーを
全国に100社広め、都市部だけでなく、地方のような深刻な人材不足を解消するためにも様々なセグメントで人が応募、採用に至るプロセスのご提供を進めていきます。
既に地方では、人材不足に悩まれていたトラック・タクシードライバー、塗装・建築など専門的な分野でも、地方では紙媒体が強いという固定概念を覆し、結果を出してきました。私たちは「志ある誰もが活躍する世の中づくり」をビジョンとし、採用を通じて、今後も人を採用する企業を応援していきます。


◇自社採用サイト成功事例1.
2年間で300万円の求人広告媒体に出稿も採用数ゼロ。ちょくルート採用後1カ月で20人の応募
外壁塗装専門店で採用できなかった女性を、ちょくルートにて60万円の広告費で7人の採用に成功。ペイントガールズとして指名が入るようになり、採用をキッカケに新規顧客獲得にも貢献している。

◇自社採用サイト成功事例2.
月300万円の広告費を投じるも採用ゼロが続き、40清掃現場で欠員が発生。社長自ら現場で清掃を行う
ちょくルート開始後、約半年で30清掃現場が埋まり現場稼働率を75%まで改善。女性チームの活躍から社内のブランディングを図り、媒体頼りではない自社での採用力を高めるための施策へ転換中。

【会社概要】
社名: 株式会社アドヴァンテージ
所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル6F
代表取締役社長:中野 尚範
事業内容: 自社採用サイトの構築、運営、集客支援(採用マーケティング事業)
サービス名:「ちょくルート」
公式サイトURL:https://chokuroute.com/

【ちょくルートパートナーシステムに関するお問い合せ先】
担当:島谷 Mail:choku@chokuroute.com Tel: 045-534-6627

【採用支援に関するお問い合せ先】
担当部署:ちょくルート事業本部 Mail:info@ad-vantage.jp Tel: 045-477-1033

【取材等のお問い合せ先】
担当:佐藤 Mail: info@ad-vantage.jp Tel: 045-477-1033

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「採用」をもっと詳しく

注目ニュース
レクサス新型「LS」が日本に! 世界初の技術でドイツ勢に先行できるか (1) 目指すは世界で最も○○なクルマ マイナビニュース6月27日(火)10時43分
トヨタ自動車はラグジュアリーブランド「レクサス」のフラッグシップモデル「LS」の新型を日本で初公開した。[ 記事全文 ]
タカタ経営破たん 下請け従業員6万人の不安 J-CASTニュース6月26日(月)19時51分
エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をきっかけに経営悪化に陥っていたタカタは、東京地裁に民事再生法の適用を申請、受理されたと2017…[ 記事全文 ]
<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象 毎日新聞6月27日(火)7時30分
2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修…[ 記事全文 ]
仮眠とコーヒー、「飲んでから寝る」のが正解だった! ダイヤモンドオンライン6月26日(月)6時0分
『週刊ダイヤモンド』7月1日号の第1特集は「攻める睡眠、守る睡眠」です。近年の脳科学の進歩によって、睡眠のメカニズムが少しずつ解明され、睡…[ 記事全文 ]
グーグル社員はなぜメールを使わないのか ダイヤモンドオンライン6月26日(月)6時0分
要約者レビュー読者のみなさんはグーグルにどのようなイメージをお持ちだろうか。最先端の企業であり、社内には素敵なカフェテリアがあって社員はラ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア