東京都内近郊の児童養護施設の子ども達へはしながおじさんがお箸をプレゼント

6月20日(火)10時37分 PR TIMES

はしながおじさんプロジェクトでは、東京都社会福祉協議会東京善意銀行のご協力のもと東京都内近郊49カ所の児童養護施設へ総数2,946膳の子ども用のお箸を2017年6月16日(金)付けで寄付いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/23123/2/resize/d23123-2-694386-1.jpg ]

2017年2月10日(金)より「はしながおじさん」を販売し、今回が初めての寄付となります。7月には岡山県の施設への寄付を予定しており、今後も支援エリアを拡大してまいります。ご購入きました皆様には心から感謝申し上げます。
はしながおじさんプロジェクトは、漆箸の老舗メーカー兵左衛門(福井県小浜市)と箸専門店にほん箸(兵庫県神戸市)、デザインプロダクションのトータルデザインセンター(岡山県岡山市)の3社が児童養護施設の子ども達に新しいお箸をプレゼントすることを目的としたプロジェクトです。「はしながおじさん」のお箸をお客様が一膳購入すると、児童養護施設で生活する子ども達に一膳プレゼントされます。


東京都内近郊の児童養護施設への寄付総数 2,946膳

[画像2: https://prtimes.jp/i/23123/2/resize/d23123-2-144453-2.jpg ]

幼い子どもが箸をかじる割合はほぼ100%。
箸先までカラフルなお箸の場合、知らず知らずのうちに塗料がこども達の体の中に入っています。
はしながおじさんプロジェクトで届ける兵左衛門のこども箸は持ち手はカラフルでも、箸先は安心安全の100%天然漆仕上げ。
また、兵左衛門がこだわり続ける「漆」と「木」で作る天然素材のお箸はプラスチックと合成化学塗料のお箸からは得られない“ぬくもり”があります。この“ぬくもり”や“本物”に触れることは、食べることの大事さや、食器や物を大切に扱うという精神性を育てると私たちは信じています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/23123/2/resize/d23123-2-579107-3.jpg ]

【商品名】
はしながおじさん
【販売価格】
各1,500円(税別)
【販売店】
兵左衛門オンラインショップをはじめ
全国百貨店で随時販売店拡大中
※販売店の詳細は「はしながおじさん」ホームページへ

はしながおじさんホームページ
http://hashinaga.jp

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ