BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

6月20日(火)は「世界難民の日」、チャリティTシャツを販売し、売上げの全額を難民支援団体に寄付

PR TIMES6月20日(火)12時57分
画像:6月20日(火)は「世界難民の日」、チャリティTシャツを販売し、売上げの全額を難民支援団体に寄付
写真を拡大
画像:6月20日(火)は「世界難民の日」、チャリティTシャツを販売し、売上げの全額を難民支援団体に寄付
写真を拡大
画像:6月20日(火)は「世界難民の日」、チャリティTシャツを販売し、売上げの全額を難民支援団体に寄付
写真を拡大
世界各国のラッシュが、難民支援メッセージを同時発信

英国を拠点とし、世界49ヶ国で展開する化粧品ブランドLUSH(ラッシュ)は、世界難民の日にあたる6月20日(火)、日本を含む世界各国のラッシュが連携し、難民支援を目的としたメッセージの発信および各国で難民支援の活動を行う団体と連携し、様々な活動を一斉に実施する予定です。

日本では、この日に合わせ、2種類のデザインのTシャツおよび「ワールドピース」(バスボム/浴用化粧品)をオンライン限定で販売し、消費税を除く売上げの全額を認定NPO法人難民支援協会(以下、難民支援協会)および特定非営利活動法人なんみんフォーラム(以下、なんみんフォーラム)に寄付する予定です。また、同日、ブランド公式ホームページや、インスタグラムやフェイスブックなどの各種ソーシャルメディアで「#NoBorders」を掲げ、難民や移民に関するラッシュのブランドとしての考え方や難民の現状などをコラムや動画コンテンツ化することで、日本に住む難民の現状に関する消費者の認知および理解向上を目指します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/6160/293/resize/d6160-293-537468-1.jpg ]

【ラッシュの信念】

今回の取り組みの背景には、ラッシュが創立時より掲げるブランドの信念「A LUSH LIFE 」に、22年ぶりに新たな一文を加えたことが挙げられます。その一文は、「私たちは誰もが世界を自由に行き来し、その自由を楽しむべきであると信じています」です。これは、国境という壁を越え、何にも制限されることなく、住む場所や働く場所などを自らの意思で誰もが等しく享受できる権利であると私たちが信じているという意味です。また、国境という物理的な壁のみならず、異なる国籍や人種、宗教間に生まれる壁、性的指向や性自認、障がいの有無により生まれる差別や偏見の壁、自分自身の限界を決めてしまう心の壁など、様々なカタチの壁を乗り越えるという意味も同時に含んでいます。だからこそ、ラッシュは、その壁や境界線を取り払い、誰もが自由な発想や意志を持ち、何物にも遮られることなく発言し表現でき、行動することができるという、真の意味でその自由を誰もが楽しむべきであるということを信じています。


【売上の全額が寄付につながるチャリティアイテム】
6月20日より発売を開始するラッシュオリジナルデザインのチャリティTシャツ(2,800円/税込)は、ラッシュの信念にも新たに追加したメッセージで、誰もが移動の自由を楽しむ権利があるという意味を込めた「WE BELIEVE IN FREEDOM OF MOVEMENT」、および、いつでも全ての人を受け入れるという意味を込めた「All are welcome. Always.」の2種類があります。また、オーガニックコットン100%の生地で作られており、公正な取引の下で生地の調達や縫製などを行い、染色は給水時より排水時の方が浄化される、資源を循環できるシステムを採用するなどし、デザインだけではなく、生産者や生産地にも配慮して作られています。本アイテムは、売上げの全額(消費税を除く)が難民支援協会に寄付され、2018年以降のシリア留学生受け入れ事業に活用される予定です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/6160/293/resize/d6160-293-333667-0.jpg ]

また、松や杉など、森林を思わせる清々しい香りに、爽快なペパーミントを加えたバスボム「ワールドピース」(浴用化粧品、700円/税込、200g)を限定チャリティアイテムとして販売し、売上げの全額(消費税を除く)がなんみんフォーラムに寄付され、日本にたどり着いた難民が安心して生活できるための支援に活用されます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/6160/293/resize/d6160-293-775931-2.jpg ]


【世界各国のラッシュにおける取り組み】
韓国のラッシュでは、6月24日および25日に開催される難民映画祭とコラボレーションし、ラッシュが製作した難民啓発に関する動画の上映や、様々なメッセージをラッシュ公式サイトなどで発信するほか、香港のラッシュでは現地の難民支援団体と連携し、香港における難民問題を公式サイトやソーシャルメディア上で発信するなど、各国で難民啓発を目的としたメッセージを発信します。


ラッシュは、「移動の自由を楽しむ」という私たちの信念に込めた真の意味をもって、今後も難民や移民、ダイバーシティといった様々な社会問題に関するメッセージを継続的に発信していくほか、日本全国の草の根団体と連携した活動を通して、誰もが様々なカタチの壁や境界線を取り払い、自由な発想や意志を持ち、行動することができる社会を目指します。


【参考】
難民支援に関するラッシュの取り組み
2016年12月26日(月)から2017年1月9日(月)の期間、日本に暮らす難民を支援することを目的に、限定チャリティ商品である「ハンズ オブ フレンドシップ(ソープ)」および「ワールドピース(バスボム・浴用化粧品)」を販売し、消費税を除く売上の全額を認定NPO法人難民支援協会および特定非営利活動法人なんみんフォーラムに寄付しました。また、本商品の販売と共に、日本全国約100店舗およびデジタルコンテンツを通じて、日本における難民受け入れ状況や、日本で暮らす難民がどのような苦難と向き合い、何を望んでいるのかを消費者に伝え、難民を歓迎できる社会の実現を目指したキャンペーンを実施しました。

※ 難民支援に関する取り組みが分かる情報および動画コンテンツはこちら: 
https://jn.lush.com/tag/freedom-movement

ラッシュについて
LUSH(ラッシュ)/英国生まれのフレッシュハンドメイドコスメブランド。LUSHは、創立以来、新鮮さとオーガニックにこだわった、採れたてのフルーツや野菜、香り高いエッセンシャルオイルを使い、一つひとつ手作りしています。また、原材料は地産地消にこだわり、可能な限り国内で入手し、全ての製品をキッチン(神奈川県の製造工場)で生産し、フレッシュな状態でお客様に商品をお届けしています。

ラッシュは、人・動物・環境に配慮したビジネスを展開しています。化粧品の動物実験廃止や、容器のリサイクルはもちろん、ゴミをゼロに近づけるためにプラスティック容器や包装を必要としない固形商品の開発など、化粧品業界の従来の既成概念に囚われない様々な挑戦に挑み、ビジネスを通して社会に存在する様々な課題の根本解決を目指した持続的な取り組みを推進しています。( www.lush.co.jp )

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「難民」をもっと詳しく

注目ニュース
レクサス新型「LS」が日本に! 世界初の技術でドイツ勢に先行できるか (1) 目指すは世界で最も○○なクルマ マイナビニュース6月27日(火)10時43分
トヨタ自動車はラグジュアリーブランド「レクサス」のフラッグシップモデル「LS」の新型を日本で初公開した。[ 記事全文 ]
怒る人 豊田真由子議員とマツコの"雲泥" プレジデント社6月27日(火)9時15分
イライラ、カリカリ……こみ上げる怒りの感情をコントロールするのは難しい。怒りに愛やユーモアを込めることができる人がいる一方、「このハゲーー…[ 記事全文 ]
タカタ経営破たん 下請け従業員6万人の不安 J-CASTニュース6月26日(月)19時51分
エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をきっかけに経営悪化に陥っていたタカタは、東京地裁に民事再生法の適用を申請、受理されたと2017…[ 記事全文 ]
<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象 毎日新聞6月27日(火)7時30分
2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修…[ 記事全文 ]
政府の準天頂衛星が導く未来 期待広がる新ビジネスとは J-CASTニュース6月25日(日)16時0分
日本版GPS(全地球測位システム)のへの期待が膨らんでいる。政府の準天頂衛星「みちびき」2号機の打ち上げが2017年6月1日に成功、同年中…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア