JOYSOUNDを展開するエクシングが「音楽の新しい楽しみ方」を2日間でプロトタイプするハッカソン「JOYSOUND HACK DAY 2019」を開催決定、参加者の一般公募を開始

6月20日(木)4時40分 PR TIMES

通信カラオケJOYSOUNDを展開する株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、代表取締役社長:水谷 靖)は、カラオケの枠を超えた「音楽の新しい楽しみ方」を2日間でプロトタイプするハッカソン「JOYSOUND HACK DAY 2019」を、8月24日(土)、25日(日)に実施することを決定し、特設ページにて参加者の募集を開始しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/4747/1181/resize/d4747-1181-401400-0.jpg ]


▽「JOYSOUND HACK DAY 2019」応募ページ:https://techplay.jp/event/733871

「ハッカソン」とは、[HACK(ハック)]と[MARATHON(マラソン)]を掛け合わせた造語で、参加者がプログラムやサービスを短期間で競いながら開発するイベントです。本ハッカソンでは、カラオケやカラオケ店舗といった枠にとらわれることなく、エンジニアとテクノロジーの力で新しい切り口での音楽を楽しむための方法を生み出す場とすることを目指します。

いま、少子高齢化や人口減少、さらには娯楽自体の多様化により、娯楽として音楽を楽しむ人たちが減少しつつあり、音楽を楽しむ一つの手法であるカラオケの市場も1996年をピークとして、ここ数年は横ばいの状態が続いています。その一方で、インターネットをはじめとした技術革新により、いままでにない「音楽の新しい楽しみ方」をゼロから生み出すことも可能となっています。当社もカラオケメーカーとして、今月発売の最新機種「JOYSOUND MAX GO」に、業界初のライブ・ビューイング機能を搭載することで全国のカラオケルームへライブ配信を可能とするなど、音楽を楽しむ場の創出に注力してまいりましたが、今回はカラオケという枠を超え、自由な発想でメンバーそれぞれが音楽にかける思いと最新テクノロジーを駆使することで、音楽の新たな可能性を生み出す場としたいと考えております。

当社は、本ハッカソンを通じて、音楽にさらなる価値を見出す新たな発想を発掘するとともに、音楽業界全体の活性化を目指してまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/4747/1181/resize/d4747-1181-846478-1.jpg ]


【ハッカソン参加者 募集要項】
・イベント名: JOYSOUND HACK DAY 2019
・テーマ:音楽の新しい楽しみ方
・開催期間:2019年8月24日(土)10:30 〜 8月25日(日) 18:00
・会場:J-SQUARE/JOYSOUND品川港南口店(東京都港区港南2-5-12)
・募集人数:30名程度 ※応募者多数の場合は選考とさせて頂きます
・応募条件:アプリケーション開発やプログラミング経験のある方
・参加費:無料(会場までの交通費、期間中の滞在費は参加者各自のご負担となります。)

* 開催期間中、カラオケ歌いたい放題!
* 音楽に興味のある、様々な方と繋がることができる!
* 新しいものを作りたいと思っている方と繋がることができる!
* プロトタイプ開発において優秀成績を収めた場合は新規事業として継続開発の可能性も!
※ライブ・ビューイングは、多彩な映像コンテンツを配信するJOYSOUNDの新サービス「みるハコ」の機能の一部として展開します。

PR TIMES

「JOY」をもっと詳しく

「JOY」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ