南海電設と三菱オートリース、EV充電器の置き基礎「NTV600」の販売協力に関する契約を締結

2024年6月20日(木)10時46分 PR TIMES

EVインフラの導入に関わる課題を解決し、法人顧客のEVシフトをサポート

南海電設株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大前 良平、以下、当社)は、電気自動車(EV)およびその充電器の普及を推進するため、日東工業株式会社(本社:愛知県長久手市、代表取締役社長COO:黒野 透、以下、日東工業)製EV充電器Pit-2G(ピットツージー)シリーズを設置する際、安全で且つ、省コスト、省施工で基礎工事が実現できる専用の置き基礎「NTV600」に関し、販売協力に関する契約を三菱オートリース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中野 智、以下、三菱オートリース)と締結しましたことをお知らせいたします。

電気自動車(EV)の充電器に関する国内現状


EV充電器に関し政府は、2030年までの全国における設置数目標を、これまでの15万基から、2023年10月には30万口へと大幅に引き上げており、今後、さらなる普及拡大が期待されております。一方、普及拡大に向けては材料費・人件費高騰による設置費用の増加、設置場所の確保、借地における十分なオーナーへの説明や原状回復の必要性等が挙げられ、EV充電器設置の課題となっています。

置き基礎「NTV600」について


「NTV600」は、当社、日東工業、東洋ベース株式会社(本社:愛知県一宮市、代表取締役:西岡 信幸、以下、東洋ベース)が開発した、日東工業が提供するEV充電器Pit-2G(ピットツージー)シリーズ専用の置き基礎であり、以下の特徴を持つことで、充電器設置に関わる費用の低減、設置可能場所の拡大、借地における設置の課題解決に貢献します。

【特徴】
・十分な安全性(アンカー併用により耐震クラスS※を実現、風速40m/sの「猛烈な風」でも満足な耐風圧強度)
・設置コストの大幅な削減(施工費は従来工法の約1/2以下 ※当社比)
・施工時間の大幅短縮(従来工法で2日以上を要していた基礎工事がわずか10分程度で完了)
・設置場所の調整や撤去時の原状回復における、高い自在性
※耐震クラス建築設備耐震設計・施工指針2014年度版に準じます。

   ⇒NTV600の写真
[画像: https://prtimes.jp/i/114094/20/resize/d114094-20-3a4f449b3583809dcde8-1.jpg ]

  ⇒施工動画はこちら
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=oP1lzKlBGP8 ]


三菱オートリースについて


三菱オートリースは自動車に係るリース、メンテナンス等の総合ソリューションサービスを展開しています。更に昨今では、EV を始めとする電動車の導入によるお客さまの脱炭素・カーボンニュートラルへの取り組みをサポートする EV コンサルテーションプログラム「EV 4 CHANGE」を展開しています。
EVコンサルテーションプログラム『EV 4 CHANGE』WEBサイト:https://mobitips.jp/service/ev

販売協力に関する契約の締結と展望


当社は、三菱オートリースとの間で、「NTV600」の販売協力に関する契約を締結しました。
これにより、三菱オートリースのお客様が抱えるEV充電器に関わる課題を解消し、お客様に対してこれまで以上に柔軟にEV充電器が設置できるよう支援いたします。当社は、本契約を通じて電気自動車(EV)およびEV充電器の普及拡大に寄与し、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを強化してまいります。

■置き基礎「NTV600」の販売・施工についてのお問い合わせ先
 南海電設株式会社 ソリューション営業課
 メールアドレス:info-base@ev-chargeconnect.com
 EV充電サービス特設サイトURL: https://ev-chargeconnect.com/

■『EV 4 CHANGE』についてのお問い合わせ先
三菱オートリース株式会社 経営企画部  広報担当:大友
メールアドレス:keiki@mitsubishi-autolease.com

■EV充電器についてのお問い合わせ先
 日東工業株式会社 EVインフラ事業室 マーケティング課
 メールアドレス:ev.contactnet.mark@nito.co.jp
 EV用充電設備特設サイトURL:https://www.nito.co.jp/quick/evstand/

PR TIMES

「充電器」をもっと詳しく

「充電器」のニュース

「充電器」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ