【青山フラワーマーケット】累計10万丁以上売れた花ばさみに限定カラーが登場!

2024年6月20日(木)17時16分 PR TIMES

年々気温が上がる夏も安心して花を楽しめるよう開催する、「ケアツールフェア」の一環として販売

株式会社パーク・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役 : 井上 英明)が運営する「Aoyama Flower Market(以下、青山フラワーマーケット)」は、2024年7月1日より一部店舗にて花ばさみの限定カラーを販売いたします。

年々気温が上がる夏。気温の上昇とともに切り花の鮮度や花持ちが悪くなり、長く楽しめないのではないかという不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
青山フラワーマーケットでは、自宅でも長く綺麗な状態で花を楽しんでいただけるよう、通年でオリジナルのケアツールを販売しております。暑い夏は特に自宅での鮮度を保てるように、7月1日から全国の店舗にて「ケアツールフェア」を開催いたします。
青山フラワーマーケットスタッフも愛用。累計10万丁以上売れた人気の花ばさみに限定カラーが登場!


[画像1: https://prtimes.jp/i/7230/148/resize/d7230-148-d39eefaacbcde57502b9-0.jpg ]

花を長く楽しむためには、水を吸い上げるための導管をつぶさず茎をカットできる花ばさみは必須アイテム。
1999年から販売している青山フラワーマーケットのオリジナル花ばさみはすでに累計10万丁以上を販売した人気の商品です。この花ばさみは、新潟県で100年以上続く老舗メーカーに製作いただいている特注品です。

 今回のケアツールフェアでは、2色の限定カラーが登場いたします。やわらかく淡いトーンの「ウォームグレー」と、涼しげな印象の「アイスランドブルー」の2色に青山フラワーマーケットのロゴが入ったオリジナルを7月1日より一部店舗にて販売いたします。

フッ素樹脂加工された刃は錆びにくくなっており、使いやすい仕様です。そして今回の限定カラーは刃が白く、テーブルに置いた時に目立ちやすいので、初心者の方にもおすすめです。製造には30近くの工程があり、熟練した職人が仕上げを行うことで完成する、こだわりのアイテムです。

商品名:青山フラワーマーケットオリジナル花ばさみ
販売価格:3,300円(税込)
展開色:、アイスランドブルー(写真上)、ウォームグレー(写真下)
発売日:2024年7月1日(月)
販売場所:青山フラワーマーケット一部店舗
(お取扱いや店頭の在庫は常時変動するため、詳しくはお近くの店舗までお問合せください。)
店舗一覧:https://www.aoyamaflowermarket.com/category/SHOP/#map_area

暑い夏だからこそ使ってほしい、花も水も美しく保つ切花鮮度保持剤「フレッシュフラワーフード」


[画像2: https://prtimes.jp/i/7230/148/resize/d7230-148-07ffeadf7d964a2c3858-1.jpg ]

気温が高い夏は特に、バクテリアが増殖しやすい時期でもあります。バクテリアが増殖すると導管がふさがってしまい、水の吸い上げが悪くなってしまうことで日持ちがしなくなってしまったり、花瓶の水が濁ってしまう恐れがあります。
そんな夏にこそおすすめしたいのが、青山フラワーマーケットの切花鮮度保持剤「フレッシュフラワーフード」です。自宅用に適した切花鮮度保持剤の市販が主流ではなかった22年前に、オリジナルで開発されました。
2020年からの直近4年半だけでもシリーズ累計12万個以上を販売している人気商品です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/7230/148/resize/d7230-148-2e611b1e37abd4c061e6-3.jpg ]

【フレッシュフラワーフードの効果】

・花が綺麗に咲く
花を綺麗に咲かせるためには、糖が必要です。糖で栄養補給をすることで、色素を安定させ、退色・変色を軽減し、花を大きく綺麗に咲かせる事ができます。
一般的な花の栄養剤にはスクロース(ショ糖)が用いられていますが、青山フラワーマーケットのフレッシュフラワーフードにはブドウ糖が使われています。ブドウ糖はスクロース(ショ糖)を分解したもので、スクロース(ショ糖)に比べると花に負担がかからずに栄養を吸収しやすく、比較的様々な品目の花に使えます。

・水を綺麗に保つ
バクテリアをはじめとする水中の微生物が増殖すると、水が濁ったり花瓶や茎がぬるぬるしてしまいます。これを避けるために、フレッシュフラワーフードには抗菌成分が含まれています。そのため水がに濁りにくく、バクテリアの増殖を抑えることができます。

一般的に効果があると言われている家庭にあるもの(花の栄養剤としての砂糖や、水の抗菌剤としての漂白剤など)は花用に作られたものではないので、花のために作られた「フレッシュフラワーフード」がおすすめです。

ケアツールフェア開催中はフレッシュフラワーフードが1回あたりたった15円!


500mlの花瓶と想定した場合、1回あたりたった15円(タンク500mlの場合)または16円(タンク250mlの場合)で花が綺麗に長持ちするので、とってもお得です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/7230/148/resize/d7230-148-7489767a77d8f90d0eba-4.jpg ]

・フレッシュフラワーフードタンク(500ml)
※写真左:通常価格 935円 ⇒ 825円

・フレッシュフラワーフードタンク ミニ(250ml)
※写真中央:通常価格 495円 ⇒ 440円

・フレッシュフラワーフードリパック(詰替え用 500ml)
※写真右:通常価格 660円 ⇒ 605円

その他にも人気のケアツールが期間限定でお得に


[画像5: https://prtimes.jp/i/7230/148/resize/d7230-148-234e68f52503670642d4-6.jpg ]

・メジャリングフラワーベース
 幅約11cm×高さ約22.5cm 口径約8cm
※写真上:通常価格 3,300円 ⇒2,970円

「フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)」を正しく希釈するためのフラワーベースです。ピッチャータイプのガラスの花瓶は、目盛りで簡単に計量ができるだけでなく、花をいけやすく、より美しく見せるためのフォルムにもこだわっています。

・オリジナルミストメーカー
(容量約350ml)
※写真下:通常価格 1,540円 ⇒1,320円

オランダで開発された高性能ノズルを採用し、通常の霧吹きとは一線を画すパウダーのようなミストが発生。
吹き始めと終わりに水滴が垂れることもありません。


青山フラワーマーケットの定番ケアツール
[画像6: https://prtimes.jp/i/7230/148/resize/d7230-148-5e9ccae249d748dde8e5-6.jpg ]

・青山フラワーマーケットオリジナルフラワーナイフ
※写真左:5,500円
・青山フラワーマーケットオリジナル花ばさみ
※写真中央:3,300円
・青山フラワーマーケットオリジナル花ばさみ 黒刃
※写真右:3,850円


※価格はすべて税込みです。

【ケアツールフェア】
開催期間:2024年7月1日(月)〜8月18日(日) 
     ※オンラインショップ:2024年7月1日(月)10:00〜8月19日(月)10:00
開催場所:全国の青山フラワーマーケット及びオンラインショップ
店舗一覧:https://www.aoyamaflowermarket.com/category/SHOP/#map_area

※オンラインショップの開催内容は店舗とは異なります。詳しくは下記URLをご覧ください。
青山フラワーマーケットオンラインショップ:https://www.aoyamaflowermarket.com/

--------------------------------
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社パーク・コーポレーション 広報担当 メールアドレス:parkpress@park-corp.jp
※都合により内容は予告なく変更する場合があります。

PR TIMES

「限定」をもっと詳しく

「限定」のニュース

「限定」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ