wash-plus、業界初のIoTを活用したスマートランドリー事業が評価され経産省の新連携計画に認定

6月21日(水)9時30分 @Press

株式会社wash-plusはスマートランドリー事業において、6月9日付で経済産業省 関東経済産業局より『中小企業等経営強化法に基づく新連携計画(異分野連携新事業分野開拓計画)』の認定を受け、『平成29年度商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)』の補助事業者に採択されましたことをご報告いたします。


■新連携の定義
<関東経済産業局ウェブページより抜粋>
( http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/chusho/sinrenkei/index_sinrenkei.html )

「新連携」とは、「複数の中小企業が連携体を組み、技術・ノウハウの綿密な『摺り合わせ』を通じて、柔軟にお互いの強みを相互補完しながら高付加価値の製品・サービス等を創出すること」と定義されます。

…(中略)…

本支援事業は、単に連携体を構築するのみならず、連携体の行う新たな事業をビジネスとして成功させ、そういった成功事例をお手本として世の中にたくさん輩出することにより、我が国の中小企業を活性化することを目的としております。


■スマートランドリーについて
コインランドリー業界初の試みとして、スマートフォンアプリと連携し、IoTを活用したコインランドリーサービスを提供します。
顧客のスマートフォンをコインランドリー機器の高性能な制御端末とすることで、極めて低コストに様々な付加価値を提供し、顧客の利便性向上に加え、集積データの分析等により機器の稼働率向上に貢献します。


■開発への経緯
当社は洗剤を使わないコインランドリー『wash+』を運営しておりますが、常設のアンケートを通じて様々な声をいただきます。またコインランドリーのオーナーサイドへのヒアリングの結果、双方の抱える諸問題が、顧客のスマートフォンとコインランドリーをIoTでつなぐことで解決可能であるという結論に達しました。また、それだけにとどまらず、IoT化によりこれまでにない付加価値を生みだす可能性を秘めていることからスマートランドリー事業を立ち上げました。

現在Ver.0の実証実験の準備段階ですが、Ver.1,Ver.2もすでに構想ができております。利用者の方々の声を反映し、スマートランドリーは今後も進化を遂げてまいります。


【会社概要】
コア企業名:株式会社wash-plus
所在地 :〒279-0004 千葉県浦安市猫実1-9-5 (株式会社協同住宅内)
代表者名 :高梨 健太郎
設立 :2013年5月
事業内容 :コインランドリーwash+事業
連携企業 :株式会社山本製作所(広島県尾道市)
連携企業 :株式会社パーク(千葉県浦安市)


【コインランドリーwash+について】
洗剤を一切使用せず、洗剤の代わりに99.9%が水の「スーパーアルカリイオン水」を使用することによって、アトピー性皮膚炎等のアレルギー体質の方でも安心して洗濯できる環境を提供しています。洗剤を一切使用しないという点においては、コインランドリー業界では初の試みとなっています。
http://www.wash-plus.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

経産省をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ