フランスベッド、新型の電動アシスト三輪自転車発売 発進・走行時の安定性が向上

6月21日(土)11時30分 J-CASTニュース

扱いやすいコンパクトサイズ

写真を拡大

   フランスベッド(東京都新宿区)は2014年6月下旬、電動アシスト三輪自転車「ASU−3WT3」を発売する。発進時のふらつきを軽減し、安定した走行性能を実現したという。



全国の家具小売店、ホームセンターで販売


   体重移動に応じて車体が傾き、コーナリングをスムーズにするスイング機構にトーションバーを3本使用した新開発のトリプルトーションバー構造(特許出願中)を採用。車体の傾きを元に戻そうとする反発力が一定となり、発進時のふらつきを軽減する機能を備えている。


   高齢者が扱いやすいように可能な限りのコンパクト化、軽量化が図られ、乗り降りしやすいように重心を低くするなどの配慮が設計に施された。


   フランスベッドでは10年11月から電動アシスト三輪自転車を扱っているが、当時発売の「ASU−3W01」は、スイング機構にトーションバー1本内蔵だったが、新製品の「ASU−3WT3」では3本となり、より一層車体を安定させることに成功した。


   価格は20万8333円(税抜き)。全国の家具小売店、ホームセンター、デパートなどで販売の予。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

フランスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ