ライカマイクロシステムズが、「人とくるまのテクノロジー展2017名古屋」に出展

6月21日(水)9時28分 Digital PR Platform

ライカクオリティの多様なソリューション 〜「コンタミ自動測定システム」「新製品実体顕微鏡」「デジタルマイクロスコープ」 〜 を機器展示

ライカ マイクロシステムズ株式会社(社長:堀北 大介、東京都新宿区)は、ISO16232/VDA19準拠 コンタミ自動測定システムをはじめ、新製品のライカ特許FusionOptics搭載の実体顕微鏡、デジタルマイクロスコープDVM6まで、ライカ光学性能を一度にご紹介。 さらにDanaherグループ会社日本ポール社の部品清浄度のためのクリンリネス・キャビネットも初展示。ぜひライカ展示ブースにご来場ください!

http://xlab.leica-microsystems.com/workshop/automotive_2017/


会期 : 2017年6月28日(水)〜30日(金)
開場時間 : 10:00〜18:00 (最終日のみ17:00まで)
会場 : ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
公式サイト:http://expo-nagoya.jsae.or.jp/

出展製品:
(1) Leica Cleanliness Expert コンタミ自動測定システム

清浄度の検査、コンタミ・パーティクル・異物のカウントや測定なら、ライカにお任せ!国際規格に準拠した検査が可能(ISO 16232, ドイツ自動車工業会規格VDA 19.1)。金属・非金属や、繊維など、重要なコンタミの特定も容易

(2)新製品! Leica S9 実体顕微鏡

エントリー版にライカ光学系の新たな歴史を刻む。すごい立体感、クリアな見え、人間工学デザインで、疲れる顕微鏡操作を改善します。

(3)Leica DVM6 デジタルマイクロスコープ
高機能デジタルマイクロスコープ
ライカだから表現できるリアリティ、映像美を、簡単、ストレスのない操作で。

http://xlab.leica-microsystems.com/workshop/automotive_2017/

ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディングメーカーの一つです。19 世紀に家族企業としてスタートしたライカ マイクロシステムズは、そのグローバル企業へと発展する歩みの中で比類ない革新技術を次々と世に送り出してきました。
歴史的に科学の世界と緊密に連携することで、ライカ マイクロシステムズの革新技術を生み出す伝統が形作られてきました。お客様の意図するところを汲み取り、その要件に合わせて最適なソリューションを提供しています。ライカ マイクロシステムズはライフサイエンス、インダストリアル、メディカルの 3 つのビジネス部門に分かれてグローバルに活動しており、そのいずれでもマーケットリーダーとして位置付けられています。
ドイツのウェッツラーに本社を置くライカ マイクロシステムズは世界 100 カ国以上で事業活動を展開し、5 カ国に 6 の製造拠点、20 カ国に販売・サービス組織を擁し、世界的な販売網を構築しています。


本件に関するお問合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカマイクロシステムズ株式会社 マーケティング部
169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-9
TEL:03-6758-5680
FAX:03-5155-4336
lmc@leica-microsystems.co.jp

Digital PR Platform

ライカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ