<バリ王>プロサーファー 和井田理央選手とスポンサー契約更新 〜和井田選手、サーフィンのインドネシア代表を目指す〜

6月21日(木)13時1分 PR TIMES

創業44年のバリ島専門のツアー手配などを行なっている<バリ王>(運営会社:国際開発株式会社/本社:東京都千代田区/代表:原山 庫佳)は、プロサーファーの和井田 理央選手とのスポンサー契約を2018年度も更新いたしました。契約2年目を迎えた今年、インドネシア代表として五輪出場を目指します。

■和井田 理央選手ページ:http://bali-oh.com/sponsor/

[画像1: https://prtimes.jp/i/34144/6/resize/d34144-6-568814-0.jpg ]


■世界が注目!2017年「WSLアジアチャンピオン」和井田 理央(Rio Waida)

[画像2: https://prtimes.jp/i/34144/6/resize/d34144-6-311904-2.jpg ]

 2000年1月25日生まれ。インドネシア人の父と日本人の母を持つハーフで、現在はバリ島在住。日本で生まれ、5歳でバリ島へ移住し、両親の影響でサーフィンを始める。2017年は「WSLアジアチャンピオン」の獲得をはじめ、「バドゥンバハリフェスティバルクタ」優勝、「レノックストップ アジアンサーフィンツアー チャングー」優勝。2018年4月にはインドネシアで開催されたWSL男子QS1500イベント「クルイ・プロ2018」にて準優勝をおさめるなど、世界から注目されている選手の一人です。


<和井田選手へのインタビュー>
Q. サーフィンを始めたのはいつですか?
A. 5歳の時です。

Q. サーフィンを始めたきかっけはなんですか?
A. 元々両親がボディボードをやっていて、小さいころから一緒にビーチに行ってました。
  小さい時は弟と2人で砂浜で砂遊びをしてたんですけど、5歳の頃、ボディーボードに乗って遊ぶように
  なったのをきっかけに、両親が僕の為にサーフボードを買ってくれたんです。

Q. 兄弟はいますか?
A. 3歳違いの弟がひとりいます。弟もサーフィンをやっています。

Q. いつもはどの辺りでサーフィンをしているんですか?
A. パドマです。

最後に、今の目標であり、必ず叶えたい夢は、2年後に開かれるオリンピックへの出場と語ってくださいました。
(参照:バリ王「バリ島現地ブログ インタビューより:http://blog.bali-oh.com/blog1/2017/06/001972.html)

和井田選手コメント

[画像3: https://prtimes.jp/i/34144/6/resize/d34144-6-575673-1.jpg ]

 今現在、選考の基準となる大会での結果を出せるよう、インドネシアの代表として努力している次第です。あと2年、みなさんのサポートのもと、更なる進化を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。


<バリ王>は、今後も、夢に向かってチャレンジしている和井田選手の活動を応援します。


<受賞歴>
2009年 バリ島のキッズコンテスト 初参戦
2013年 QUIKSILVER KING OF THE GROMSアジア代表として参戦
2014年 日本の大会に初参戦
2015年 JPSA公認 プロ資格を取得
2016年 RIPCURL GROM SEARCH INTERNATIONAL FINAL 3位
     JPSAクラマス 3位
     WSL QSイベント メンタワイ プロ 5位
     クイックシルバー ヤングガンズサーフ2016 優勝
2017年 WSL NIBプロジュニア2位
     WSL サブウェイプロジュニア5位
     JPSA クラマス2位
     WSL コムネプロ2位
     リップカール グロムサーチインターナショナルファイナル ブラジル 2位
     バドゥンバハリフェスティバルクタ 優勝
     レノックストップ アジアンサーフィンツアー チャングー 優勝

<会社概要>
会社名 : 国際開発株式会社
所在地 : 東京都千代田区神田富山町10-2 アセンド神田ビル1階
代表者 : 代表取締役 原山庫佳
事業内容 : 一般旅行業・損害保険業の代理店業バリ王URL : https://bali-oh.com/

PR TIMES

「スポンサー契約」をもっと詳しく

「スポンサー契約」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ