IT支援事業者認定のお知らせ

6月21日(月)18時46分 PR TIMES

株式会社リブ・コンサルティングは、IT導入補助金の支援事業者として認定され、当社の住宅・不動産業界特化のクラウドサービス”アンバサダークラウド“がIT導入補助金通常枠A類型に認定されたことをお知らせします。

 株式会社リブ・コンサルティング(本社:東京都千代田区、代表取締役:関厳、以下「当社」)は、このたび経済産業省が推進するIT導入補助金の支援事業者として認定されました。併せて、当社の住宅・不動産業界特化のクラウドサービス”アンバサダークラウド“がIT導入補助金通常枠A類型に認定されたことをお知らせします。これにより、アンバサダークラウドを導入する際に最大150万円の補助金を申請することが可能になりました。



IT導入補助金(通常枠A類型)とは

 IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。
(引用:https://www.it-hojo.jp/overview/)


IT導入補助金の申請・導入3STEP


[画像1: https://prtimes.jp/i/42601/28/resize/d42601-28-603964-0.png ]



認定ツール”アンバサダークラウド”とは

 アンバサダークラウドは、貴社のお客様やファン(アンバサダー)の顧客満足度や紹介のプロセスなどを見える化し、住宅購入検討者に質の高いアプローチを可能にする住宅・不動産業界特化クラウドサービスです。

下記のようなニーズがある企業様に導入頂いています。

・紹介口コミをより増やしたい
・SNS経由での集客を増やしたい
・オーナー様との関係性を深め満足度を高めたい
・地域密着の企業を体現していきたい
・事業成長のため新たな集客の柱を作りたい
・DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の一環でクラウドサービスを活用していきたい

■アンバサダークラウド経営フォーラムのご案内

[画像2: https://prtimes.jp/i/42601/28/resize/d42601-28-596950-1.jpg ]


 今回のフォーラムは“ファンマーケティング”ד口コミ拡散”の最新事例をふまえて住宅業界の経営者の方がおさえるべき経営のトレンドをご紹介いたします。また、世界的マーケター神田昌典氏をはじめ、一般社団法人ZEH推進協議会の理事 小山貴史氏、アンバサダー経営を推進する米田木材株式会社の代表取締役 米田大樹氏、株式会社小林創建の代表取締役社長 小林稔政氏と豪華ゲストをお招きし、コロナ禍を捉えた短期的施策だけでなく、業界に未来についてもそれぞれの視点からお話し頂きます。

お申し込みはこちら
https://libcon-techac.satori.site/copy_sem/form/form07


【株式会社リブ・コンサルティング 会社概要】
代表取締役 : 関 厳
設立 : 2012年7月
所在地 : 【東京本社】東京都千代田区大手町1丁目5-1大手町ファーストスクエア ウエストタワー19階
【支社】タイ支社(バンコク)
事業内容 :総合経営コンサルティング業務、企業経営に関する教育プログラムの企画・運営
URL :https://www.libcon.co.jp/

PR TIMES

「認定」をもっと詳しく

「認定」のニュース

「認定」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ