アマゾン、無料返品できるアパレル商品のネット販売

6月22日(木)6時0分 JBpress

米ニューヨーク・マンハッタンのタイム・ワーナー・センターに開店した「アマゾン・ブックス」(2017年5月25日撮影)。(c)AFP/TIMOTHY A. CLARY〔AFPBB News〕

 米アマゾン・ドットコムは6月20日、米国で「Prime Wardrobe(プライム・ワードローブ)」と呼ぶ、新たな衣料品のネット販売サービスを始めると発表した。


簡便な返品手続き

 これは、顧客がアマゾンのサイトで衣料品を注文し、家に届いたら試着し、気に入ったものは購入し、気に入らなかったら無料で返品できるというサービスだ。

 返品までの猶予期間は7日。注文は商品3点から可能で、気に入らなかったら、すべて返品してもよい。アマゾンの有料会員プログラム「Prime」を対象にしたサービスで、会員は追加料金なしで利用できる。

 このサービスが興味深いのは、返品手続きが非常に簡便という点だ。

 商品はPrime Wardrobe専用の段ボール箱に入って送られてくるが、これには、返送の際に再梱包するためのテープや、送り状シールも付いてくる。

 顧客は送り返す商品を箱に入れたら、テープでとめ、送り状を貼って、近所のUPS宅配便店舗に持ち込むか、集荷サービスに依頼する。上述したとおり、返送は無料。送料はアマゾンが負担するため、顧客に負担は一切かからない。


日本のアパレル返品サービスと異なる点

 同社で取り扱うアパレル商品については、最長30日間返品可能で、返送料もかからないというサービスが日本にもある。つまり、こちらも顧客が自宅で試着することができるのだが、その手続きはPrime Wardrobeと比べて煩雑だ。

 例えば返品の際、顧客は、まずアマゾンのサイトで返品の申し込みをしなければならない。そのうえで、指定されるラベルを自宅のプリンターで印刷。それを商品と一緒に箱に入れ、宅配便の送り状を書いて送る。

 そもそも、こちらは、あくまでも、一度購入した後に、返品し、返金を受けるというものだ。これに対し、米国で新たに始めるサービスは、期限を過ぎるまでは決済処理を行わない。このため返金手続きもない。ちょうど、衣料品店で試着している段階では、お金のやり取りがないのと同じだ。

 米ウォールストリート・ジャーナルによると、米国では多くのアパレルチェーンが、ネット販売と返品サービスを行っている。だが、時に、その返品率は4割に達することもあり、小売店の頭を悩ませているという。

 一方、アマゾンには、eコマース事業で築き上げた物流システムがあり、その輸送コストは、実店舗販売が本業のアパレルチェーンよりも低く抑えられるという。

 ただ、こうした販売手法は、アマゾンにとって大きな費用負担となる可能性がある。そこで、アマゾンは、返品率を抑制するための工夫をしている。例えば、顧客が送られてきた商品の中から3〜4点を購入した場合、アマゾンはその購入金額から1割を差し引く。もし5点以上購入した場合は、2割差し引くという。


アマゾン、全米2位のアパレル小業者に

 なお、アマゾンは近年、衣料品販売事業を拡大している。ウォールストリート・ジャーナルによると、米モルガンスタンレーは、今年4月に出した調査ノートで、アマゾンのeコマース事業におけるアパレル商品の売上高はすでに、米ターゲットや大手百貨店のそれを上回っており、同社は米ウォルマート・ストアーズに次ぐ、全米第2位のアパレル小業者になったと報告している。

(参考・関連記事)「アマゾンがファッション用途の機器を開発した理由

(参考・関連記事)「米ネット販売、アパレルが最大のカテゴリーに

筆者:小久保 重信

JBpress

アマゾンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ